美メロ好き必見!話題新人の初来日ライヴにご招待

ツイート
たった1枚のアルバムで、しかも弱冠18歳という若さで、早くもグラミー賞にノミネートされた天才的バンドが現れた。その名はリーランド。3月21日には、1stアルバム『サウンド・オブ・メロディーズ』で日本デビューを果たす。そんなデビューに先駆けて、この話題のバンドが2月6日に原宿アストロホールにて初来日公演を行なうことが決定した。そして、BARKSではこの貴重なライヴに1組2名様をご招待!(■PV視聴はこちら!

彼らはアメリカ・テキサス州出身だが、まるでUKバンドのような美しいメロディーを紡ぎだし、繊細にサウンドを織り込んでいく、新世代のUSバンドだ。ここ数年の間で、ゴリラズやレディオヘッド、コールドプレイといったバンドがアメリカで成功を果たし、難しいとされていたUKバンドのアメリカ進出は目覚しい発展を遂げた。まさしく彼らはそういった新たな流れの影響を受けた新世代なのだろう。

また彼らは、アメリカ本国で数多くのツアーをこなしているが、そのライヴ・パフォーマンスもとても高い評価を得ており、そして楽曲は各方面から賞賛を受けている。まさにアメリカきっての注目新人だ。

そんな彼らの1stアルバムのタイトル曲でもある「サウンド・オブ・メロディーズ」のPVが到着したので、ぜひチェックを! 締切は1月30日なので、“これはライヴが観たい!”という君は今すぐプレゼント・フォームから応募しよう!(■応募フォームはこちら!

<ニューブラッド Vol.39  リーランド公演>
日時: 2007月2月6日(火) DOOR OPEN / 18:00   START / 19:00
会場: 原宿アストロホール (原宿)
ご招待人数:1組2名

●「サウンド・オブ・メロディーズ」のPV視聴はこちら!
この記事をツイート

この記事の関連情報