ウータン・クラン、6年ぶりの新作を今夏リリース

ツイート
デビュー・アルバム『Enter The Wu-Tang (36 Chambers)』など'90年代に数々の名作を残してきたヒップホップ・グループ、ウータン・クランが6年ぶりとなるニュー・アルバム『8 Diagrams』を今年夏にリリースすると、AllHipHop.comが報じている。

'01年にリリースされた『Iron Flag』以来となる、通算5枚目のアルバム『8 Diagrams』はウータン・クランの旧所属先であるラウド・レコーズの創設者、スティーヴ・リフカインド氏が新たに立ち上げたレーベル、SRCより今年夏にリリースされる。同アルバムにはウータン・クランのフルメンバー、RZA、GZA、メドッド・マン、レイクォン、ゴーストフェイス・キラー、インスペクター・デック、マスター・キラー、U-ゴッドが参加し、さらに'04年11月に急死した故オール・ダーティ・バスタードの参加した未発表曲が収録されているという。

グループのリーダーであるRZAは『8 Diagrams』のリリースに関して「俺達がカムバックするのに完璧なタイミングだ」と語り、さらに「まるで(今のヒップホップ・シーンは)俺達がスティーヴと一緒に(ウータン・クランを)始めた時のようだ。ヒップホップがポップやR&Bに変わっていった時、俺達は本物のヒップホップを(『Enter The Wu-Tang (36 Chambers)』によって)打ち出したんだ」と続けている。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報