スペイン語R&Bのブームか?ジェニファー・ロペス、4月にスペイン語アルバムをリリース

ツイート
ジェニファー・ロペスが初となる全曲スペイン語によるアルバムを今年4月にリリースすると、Billboard.comが報じている。

『Como Ama Una Mujer』(英題『How a Woman Loves』)と題されたこのアルバムは4月3日にエピックよりリリースされる予定で、ジェニファー・ロペスは全ての曲をスペイン語にて歌い、さらに夫のマーク・アンソニーが共同プロデュース及び作曲で参加している。

『Como Ama Una Mujer』は主にアメリカ国内のヒスパニック系アメリカ人及びスペイン語文化圏である中南米諸国をメイン・マーケットに売り出されるもので、スペイン語TVネットワーク、Univisnionにてアルバムを基にした5回シリーズの特別番組が放映される予定であるという。

なお、ジェニファー・ロペスは一昨年夏にファレル・ウィリアムスと共にレゲトンの曲のレコーディングを行なったと伝えられているが、その曲が本作に収録されているかは明らかになっていない。

ビヨンセもスペイン語バージョンの曲を収録したアルバム『B'Day』を今年、再発売する予定であるが、レゲトン・ブームに続いて、次はスペイン語R&Bのブームが訪れるのか!?

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報