椎名林檎、リリースに先駆けて楽曲試聴がスタート

twitterツイート
来たる2月21日、ついに4年ぶりとなるオリジナル・アルバム『平成風俗』をリリースする、椎名林檎。1月にリリースしたシングル「この世の限り」では、オーケストラを従えたゴージャスなサウンドを披露してくれた。

そんな中、アルバム・リリースに先駆けてオフィシャル・サイトにて先行試聴がスタートした!

今回試聴がスタートしたのは、ニュー・アルバムに収録されている「ギャンブル」「錯乱(TERRA ver.)」「ハツコイ娼女」「カリソメ乙女(TAMEIKESANNOH ver.)」「花魁」の5曲だ。

たった各45秒の試聴ではあるものの、この5曲が、このアルバムが名盤であることを物語ると共に、楽曲の持つ非常なまでの奥深さと輝く先鋭的センスが、聴いた者に“椎名林檎 再始動”の意味を強く再認識させることだろう。ぜひチェックを!

また4月25日に、『平成風俗』の高音質DVD VIDEO『平成風俗 大吟醸』を完全初回生産限定でリリースすることも決定! 

この作品はより高音質(96k/24bit)で『平成風俗』を楽しんでもらうことを目的としたDVDで、映像には「この世の限り」のPVをはじめ、アルバム曲のイメージをモーション・グラフィックスで表現した気鋭のクリエイターによる映像作品を収録している。また同時に、こちらも完全初回生産限定で『平成風俗』のアナログ盤もリリースされる。

DVDでこの作品の“高品質”を楽しむも良し、レコードで“味”を楽しむも良し。悩ましいところだが、まずはCD盤の『平成風俗』を堪能してからじっくりと考えよう。先行試聴やその他の詳細はオフィシャル・サイトでチェック!(http://www.toshiba-emi.co.jp/vmc/artist/domestic/ringo/)

■「この世の限り」PV視聴はこちら!
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報