ジャーメイン・デュプリ、アイランド・レコードの部門長へ就任

ツイート
プロデューサーのジャーメン・デュプリが、アイランド・レコードのアーバン・ミュージック部門の社長へ就任したと、Billboard.comが報じている。

これはアイランド・レコードの親会社であるユニバーサル・ミュージック・グループが発表したもので、昨年10月にヴァージン・レコードのアーバン・ミュージック部門の社長を辞任したジャーメン・デュプリが、今度はアイランド・レコードにて全く同じポジションに就くことになった。ちなみにヴァージン・レコードからの辞任は、エグゼクティブ・プロデューサーも務めた恋人、ジャネット・ジャクソンのアルバム『20 Y.O.』のセールス不振が理由であると言われている。

なお、現在、アイランド・レコードを率いるアイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループのチェアマン、アントニオ“LA”リードが以前、アリスタ・レコードのCEOを務めていた時に、ジャーメイン・デュプリは彼の部下という立場であった。したがって、今回のジャーメイン・デュプリの就任も、アントニオ“LA”リードの関与している可能性が高い。

ジャーメイン・デュプリの就任がアイランド・レコードへどのような影響を与えるのか? 今後の活躍に期待したい。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報