ジャズ界のレジェンド4人の来日公演が決定!

ツイート
ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ロン・カーター、ジャック・デジョネットという、ジャズ界のレジェンド・プレイヤーたちが一堂に会する奇跡の公演<V.S.O.P. 2007 Very Special One time Performance>が決定した。

'60年代、ジャズの帝王と呼ばれたマイルス・デイヴィス(1926-91)を中心に大活躍した、当時最強のクインテット・メンバーの中に、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ロン・カーターがいた。

そんな彼らが1976年、アメリカで毎年夏に行なわれるジャズの祭典<ニューポート・ジャズ・フェスティバル>にて、マイルス・デイヴィス・クインテット時代の演奏を再現しようと、ピアノのハービー・ハンコックを筆頭に結成されたのが、V.S.O.P.。“Very Special One time Performance”=1回限りの演奏という意味の言葉のイニシャルをとってつけられた名前だ。しかし、当初は1回限りの特別のステージの予定だったが、当然のことながら演奏の評判は非常に高く、その後も活動するようになり、'77年、'79年には日本にもV.S.O.P.として来日もしている。

当時のV.S.O.P.クインテットのメンバーには、今は亡きドラマー、トニー・ウィリアムスがいた。1969年、トニーがマイルス・デイヴィスのバンドを脱退し、その後任を是非にと任されたのが、ジャック・デジョネット。彼はデイヴィスのバンドでドラムをプレイし、ハービー、ウェイン、ロンとも同じステージに立ってきた。そんな彼が今回“THE QUARTET Featuring HERBIE HANCOCK, WAYNE SHORTER, RON CARTER, JACK DeJOHNETTE”として来日する。

ハービー、ウェイン、ロン、そしてジャック。4人はともにマイルス・デイヴィスと共に、ジャズ界のトップに立ち続けた同士であるが、今現在このメンバーのみで同じステージを踏む事はきわめて貴重な瞬間だ。

▼Legend Now in Jazz!!  Miles Davisに捧ぐ
V.S.O.P. 2007 Very Special One time Performance
JAPAN TOUR公演概要
【出演】
ハービー・ハンコック Herbie Hancock (Piano)
ウェイン・ショーター Wayne Shorter (Saxophone)
ロン・カーター Ron Carter (Bass)
ジャック・デジョネット Jack DeJohnette (Drums)

■2007年10月8日(月・祝)アクロス福岡 シンフォニーホール
開場4:30 pm/開演5:30pm S/¥12,500 A/¥10,500 B/¥9,500(全席指定・税込)
■2007年10月11日(木)大阪厚生年金会館 大ホール
開場6:30 pm/開演7:00pm S/¥12,500 A/¥10,000 B/¥8,500(全席指定・税込)
■2007年10月15日(月)東京国際フォーラム ホールA
開場6:00 pm/開演7:00pm S/¥11,000 A/¥9,000 B/¥8,000(全席指定・税込)
■2007年10月17日(水)札幌コンサートホールKitara 大ホール
開場6:00 pm/開演7:00pm S/¥12,500 A/¥10,500 B/¥9,500(全席指定・税込)
■2007年10月19日(金)東京国際フォーラム ホールA
開場6:00 pm/開演7:00pm S/¥11,000 A/¥9,000 B/¥8,000(全席指定・税込)

※全公演、未就学児童の入場はできません。

チケット一般発売日:6月1日(予定)/3月中に特別先行予約を開始

【総合お問合せ】JECインターナショナル
TEL:03-5474-5944
http://www.jec-international.co.jp
この記事をツイート

この記事の関連情報