ド興奮!! 火照った肢体に濡れた肌、後藤真希のライヴを堪能できる映像作品(前編)

ツイート
後藤真希の濡れた肌や上気した表情───。

4月発売の新曲「シークレット」の情報やMTV関連の話題が流れ始めた後藤真希。昨年同様に今年もBARKSでは彼女を大プッシュしていく。今回は、先月21日にリリースされたライヴDVD『後藤真希 LIVE TOUR 2006 ~G-Emotion~』について、遅ればせながら取り上げたい(⇒ダイジェスト映像はこちら)。

このDVDには、昨年行なわれた、彼女初となる単独ライヴツアー<後藤真希 LIVE TOUR 2006 ~ G-Emotion~>の東京厚生年金会館(2006年11月5日)の模様が収められている。今回のライヴでは、楽曲だけでなく、ミュージカル調な演出やイリュージョンなど、ステージには数多くの見せ場があった。もちろんすべて観てほしいのだが、手に入れようか迷っている人のために、個人的に注目した“見どころ”をいくつか挙げてみたいと思う。

まずは、スタートからの激しすぎるくらいに過激なダンス。「SOME BOYS! TOUCH」では、髪を振り乱し、誘うような目つきでフロアの上で四つんばいに、さらに寝そべって身体をくねらせる。そして激しいダンスのために漏れる息づかいが悩ましい。“後藤真希”といえば、昨年から加速度的にセクシーな魅力を開花させ、もはや激エロ以上の“極エロ”“セクエロ(SEXYにエロい)”状態になっているが、このDVDも冒頭から思わず食らいついてしまうようなシーンの連続だ。

シャ乱Qのギタリスト・はたけが作曲したギターロック・ナンバー「横浜蜃気楼」からは、ボディーラインがくっきりとわかる衣装にチェンジ。ステージの照明に浮かび上がるごっちんの姿がこれまた艶かしい。ロックナンバーゆえにダンスも激しくなるため、思わずごっちんのいろんな箇所に釘付けになってしまうのは仕方のないこと。特に同曲は、今回のライヴ映像において“音的にも視覚的にも”実に“刺激的”な曲のひとつとなっている。

刺激的といえば「溢れちゃう…BE IN LOVE」でも、アレンジ、ダンサーの演出とともに刺激的なステージングを展開している。ごっちんと2人のダンサーが、ベッドの上で絡み合いながら艶じる姿。ごっちんは横たわりながら、悶えるかのように何度もその長い足を組み替えるので、自然とそちらに目が行ってしまう。さらにカメラのアングルも絶妙。もはや余計な言葉で言い表すことは不可能。思わず“こちらも何かが溢れてきちゃいそうな”映像は、実際にその目で堪能して、そして納得してもらうしかない。

⇒ 火照った肢体に濡れた肌、後藤真希を堪能できる後編はこちら
この記事をツイート

この記事の関連情報