ザ・ホラーズ、大暴れのパフォーマンスで会場を追い出される

twitterツイート
ザ・ホラーズがパフォーマンス中、大暴れをして会場を追い出されたという。フロントマンのファリスは会場にあったエルヴィス・プレスリーの胸像を破壊。荒れ狂うことで有名な彼らのライヴだが、一線を越えてしまったようだ。

Bostonherald.comによると、バンドは火曜日(3月13日)、ボストンのクラブGreat Scottでプレイ。ステージから客席へ飛び込むなど勢い良くパフォーマンスしていたファリスは、ショウの半ばでバー柵にのぼり、壁にかけられていたエルヴィスの像をつかんで床に叩きつけたという。その直後、会場のスタッフはサウンドのプラグを抜き、バンドを外に追い出したそうだ。

ファリスは、エルヴィスの像に手を触れた瞬間、警備員が彼を引き摺り下ろそうとしたため誤って像を落としてしまったと言い訳しているそうだが、目撃者はファリスは像を壁から引き抜き、他の場所へ移動したところで床になげつけたと話している。

何であれ、会場のGreat Scottはこの先、ホラーズとは関わりを持ちたくないそうだ。マネージャーは「(この先、彼らが)ここでプレイするなんて考えられない。2度と関わりたくない」とコメントしている。

ホラーズのアメリカ・ツアーでは、さまざまな事件があったようだ。バンドの広報担当は「私はもう、何を聞いても驚かない」と『Boston Herald』紙に話したという。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報