デーモンのミュージカル、夏に公開

ツイート
ザ・グッド、ザ・バッド&ザ・クィーンのツアーの後にブラーのレコーディングが控えるなど多忙のデーモン・アルバーンだが、ミュージカルの制作にもちゃんと時間を割いていたようだ。デーモンが制作に関わった『Monkey: Journey To The West』がこの夏、マンチェスター・インターナショナル・フェスティヴァルで上演される。

1年間前に発表されたとおり、デーモンが音楽を担当、ゴリラズのもう1人の仕掛け人ジェイミー・ヒューレットが舞台デザインを手がけている。孫悟空をテーマに45人もの少林寺拳法の達人が出演する“サーカル・オペラ”だそうだ。

昨年のマンチェスター・インターナショナル・フェスティヴァルでゴリラズのパフォーマンスを行なうなど、デーモンは出身地のカルチャー振興をサポートし続けている。

6月28日から7月15日まで開かれる今年のフェスティヴァルには、ルー・リード、スモーキー・ロビンソン、カニエ・ウェスト、ハッピー・マンデーズ、ザ・フォールらが出演。市内各地でギグを行なう。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報