レディオヘッド、スターバックスからのリリースはなし

twitterツイート
ポール・マッカートニーに続き、レディオヘッドもスターバックスと契約するようだとの噂が流れていたが、バンド側はこれをきっぱり否定した。レディオヘッドのマネージメントがスターバックスの代表者と会っているのを見たとの真しやかな目撃談から、バンドが同社と契約するのではないかとの噂が飛び交っていた。

EMIとの契約を満了したレディオヘッドは現在、どこともレコード契約を結んでいないままニュー・アルバムの制作に取り掛かっている。すでにレーベル各社の間で激しい争奪戦が巻き起こっていると推測されるが、バンドはアルバムの完成を最優先に考えており、契約のことなどまだ頭にないようだ。

レディオヘッドのマネージメント会社は、以下のような声明を発表している。「レディオヘッドは現在、スタジオでニュー・アルバムを制作中です。新しいレコード契約については、いまのところ誰とも交渉しておりません。バンドはアルバムが完成するまで、どのような形でリリースするかなど考えるつもりはないでしょう。スターバックスと契約するという噂は、完全なデマです」

レコード契約がないことで「恐ろしくもあるが、はじめて自由を感じた」という彼らは、EMIと交わしたような長期契約はもはや考えていないと伝えられている。また、ダウンロード・オンリーで新作を発表するかもしれないとの噂も流れている。

参照:「マッカートニー、スターバックスから新作をリリース」
参照:「スターバックス、マッカートニーと契約?」

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報