“女の子とロックンロール”。ガーリーテイスト満載、鈴木祥子のライブシリーズスタート!

twitterツイート
2007年、鈴木祥子のライブシリーズ"sho-co-motion"が始まった(sho-coといっても、中川翔子ではありません。鈴木祥子です。念のため)。

テーマは「女の子とロックンロール」。で、彼女のサイトを見てびっくり。ミニスカートにピンクのハイソックスの本人が、どどーーんと登場しているではないですか? 実年齢をここで公開して良いのか!? まぁ、ライブでは、本人が堂々と言っているし、いいよね。齢41歳。こんなキュートな41歳がいていいの?? でも、同年代女子としては、サイコー!ってな感じ。

さて、今回のライブシリーズに先駆け、2007年2月21日、南青山マンダラにて、「鈴木祥子・ソロライブシリーズ2007 予告編」が開催された。完全なるソロライブで、ピアノ、ギター、ウーリッツアー、ドラムを演奏しつつ歌い、「伴奏ってめんどくさいね」とアカペラで歌うシーンもあるという自由さ。

そして、「女の子と言えば、松田聖子さんでしょう!」ということで、『ガラスの林檎』をカバー。他に、歌詞に感心したということで大塚愛チャンの『黒毛和牛上塩タン焼680円』のカバーも。これって、これまでにない選曲。そして、もちろん、懐かしのオリジナル曲から、最新のものまで。メジャーからインディーズに活動の場を変え、東京から京都に居を変えて、彼女の中に変化があったに違いない。今までにない開放感、潔さ、徹底ぶりを感じるライブだった。若い女の子ファンが増えているのも、納得です。

この予告編に続くライブは、すでにスタートしていて、この先、東京、名古屋、京都へと続く。年齢に縛られがちな女性のみなさまに特にお勧めしたいライブです。

★★今後のライブの予定は、以下の通り。すでにSOLDOUTもあるのでご注意を!★★

◆鈴木祥子・ライブシリーズ2007“sho-co-motion”

2007年4月27日(金)南青山MANDA-LA(鈴木祥子×大友良英×渋谷毅×かわいしのぶ)
2007年4月29日(日)新宿スペースゼロ(鈴木祥子×山本拓夫×矢部浩志(CARNATION)×かわいしのぶ)
2007年5月4日 (金)名古屋TOKUZO(鈴木祥子・ソロ)
2007年5月5日 (土)名古屋TOKUZO(鈴木祥子×渋谷毅×かわいしのぶ)
2007年5月25日(金)南青山MANDA-LA(鈴木祥子×鈴木さえ子×矢部浩志(CARNATION))
2007年6月10日(日)京都磔磔(鈴木祥子×山本精一)
2007年6月17日(日)京都磔磔(鈴木祥子×豊田道倫)
2007年7月14日(土)京都拾得(鈴木祥子×JB(渕上純子(ふちがみとふなと)+bikke(LOVEJOY))
2007年7月21日(土)京都拾得(鈴木祥子×勝井祐二)

そして、6月13日には、ベストアルバム"SHO-CO-JOURNEY"発売!
ベストアルバム「SHO-CO-JOURNEY」
MHCL-1079 \3,150(tax in)
2007年6月13日発売
販売元:ソニー・ミュージックディストリビューション

デビュー19年目の彼女から目が離せない。やっぱ、女は40歳からだね!

[寄稿] 伊藤 緑:http://homepage1.nifty.com/koyo-mido
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報