ついに、ピートとカールがステージで共演

twitterツイート
ザ・リバティーンズ・ファンはどれだけ、この日を待ち望んでいたことか……。ピート・ドハーティとカール・バラーがついにステージで共演した。先週木曜日(4月12日)、ロンドンのハックニー・エンパイアで行なわれたドハーティのソロ・パフォーマンスにバラーがジョイン。リバティーンズのトラックをプレイした。

英タブロイド各紙によると、ドハーティの紹介によりステージに登場したバラーは、熱狂するオーディエンスにひと言「ハロー」とあいさつ。2人はすぐさま「What A Waster」をパフォーマンスし始めたという。その後も「Death On The Stairs」「Don't Look Back Into The Sun」「France」「Time For Heroes」「What Katie Did」などをパフォーマンス。なんとリバティーンズのトラックを合計13曲も披露したという。また、途中、音程を外したドハーティが「久しぶりだからな。許してくれ」と冗談めかして謝る一幕もあったそうだ。

久しぶりの共演は、オーディエンスだけでなく当の本人たちも大いに楽しんだようだ。コンサートが終わった後、会場周辺で待ち構えていたファンにさらなる大サービスがあったという。上機嫌の2人は、バックステージの窓を開け即興ギグを行ない、ファンを狂喜させたそうだ。

2人の貴重なリユニオンの模様は、YouTubeなどで見ることができる。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス