もしかして…同一人物!? “疑惑”の新人LOVEが放つ「LOVEのテーマ」

ツイート
古くはBUMP OF CHICKENをはじめ、絢香やRADWIMPS、リア・ディゾン…。最近ではSuperflyがテレビ朝日系『ミュージックステーション』に異例の出演を果たすなど、BARKSが目をつけた新人はかなりの確率でブレイクしてきた。というわけで、またひとり新人アーティストを皆さんに紹介したい。

そのアーティストの名前は、LOVE。4月11日にデビューしたアーティストだ。ジャケット写真を見てもらうとわかるとおり、その姿はウサギ。プロフィールによると、生年月日は2月2日。性別はメス、血液型はB型。言語は片言だそうで、性格は寂しがり屋なのに自由奔放という、典型的なウサギタイプだ。

彼女がリリースした「LOVEのテーマ」は、一言で言い表すと“ピコピコ・キャッチー・ポップ”。LOVEの描く愛の形が切なくもあり、幸せな気分にさせてくれる不思議な楽曲だ。なお、この曲は劇場版アニメ『オシャレ魔女 ラブ and ベリー しあわせのまほう』のテーマソングとなっている。

さて、この新人アーティストLOVE。どこかで見たことがあるような気がしないだろうか? よく思い出してみると、大塚 愛のマスコットキャラクターの名前も、確か“LOVE”という名前だった。言われてみれば「LOVEのテーマ」で展開されている世界観も、どことなく大塚 愛が描く世界と似ているような気もする。ヴォーカルはエフェクトがふんだんにかけられているため、誰かの声に似ているような気もするし、そうではない気もする。同曲のクレジットには<作詞・作曲・編曲:LOVE>と表記されているだけ。編集部ではこの疑惑を追及するためレコード会社への連絡を試みたが、本原稿執筆時の19日17時の段階において、担当者とは連絡がとれていない。

口コミによって巷で話題となり、デビューに至ったというLOVE。「LOVEのテーマ」も4月10日付けのデイリーシングルランキングでは9位と健闘し、Amazon.co.jpでは発売1週間以上が過ぎた19日段階で239位(DVD付き)。今後メディア露出が増え、人気爆発するのか?

なお、本シングルの3曲目には、シークレットトラックとして次回作についての予告と触りの部分が収録されている。次の作品にも期待するとともに、編集部では引き続きLOVEについて調査していきたい。

■ LOVEのプロフィールはこちらから!
■ 「LOVEのテーマ」のCD情報はこちら!
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス