リンキン・パーク、ニュー・アルバムを語る

ツイート
間もなく3rdアルバム『Minutes To Midnight』をリリースするリンキン・パークのマイク・シノダが、新作について語った。ラップ・ロック、ニュー・メタルと呼ばれることにウンザリしていたという彼ら。プロデューサー、リック・ルービンの助けを借り、境界線を越えることができたという。

ルービンの手がけたRUN D.M.C.やレッド・ホット・チリ・ペッパーズのアルバムが大好きだったというマイクは、『Daily Mirror』紙のインタヴューでこう話している。「リックは人間ができてる。存在感があってね、彼がいると意識しないわけにはいかない。反応は少ないんだけど、鋭いんだ。ビッグ・アイディアをくれる。俺たち、(以前とは)違うサウンドにしたいって彼に言ったんだ。ラップ・ロックとかニュー・メタルって呼ばれるのにウンザリしてるって。自分たちが、そこに属してるとは思えなかった。彼は“君たちに限界がないのはわかってる”って言ってくれたよ」

リック・ルービンといえば、ついこの間、ヴェルヴェット・リヴォルヴァーが彼との決別について語ったばかり。彼らの話では、ルービンはダメ押しが多かったということだが、リンキン・パークに対しては違うアプローチだったようだ。

また今回の作品では、マイクが歌詞を書いたものも多いそうだ。ブッシュ政権に対する批判するともとれる歌詞があるそうだが、彼はこう話している。「自分たちのことをポリティカル・バンドだとは思ってない。歌詞っていろんな意味を含んでるものだろ。君の解釈と俺の解釈は全く違うかもしれない。どっちがいいってわけじゃなくね。俺たちが書いたにせよ、他人の解釈もリスペクトしてるよ。曲は、みんなが聴いてくれて完成したことになる。みんなの曲との係わり合いが、曲の一部でもあるんだ」

『Minutes To Midningt』は5月14日リリース(日本発売16日)。「Wake」「Given Up」「Leave Out All The Rest」「Bleed It Out」「Shadow Of The Day」「What I've Done」「Hands Held High」「No More Sorrow」「Valentine's Day」「In Between」「In Pieces」「The little Things Give You Away」の12曲が収録されている(日本盤ボーナス・トラックあり)。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報