月島きらりのハッピーな新曲は、アイドルらしいアイドルの“洋楽っぽい”楽曲! (後編)

ツイート
⇒月島きらりのヴォーカルに迫った前半はこちらから!

一方のタイトル曲「ハッピー☆彡」は、久住自身も、

「ハッピーを聴いて小春ハッピーって感じでした♪」

とコメントしていることからもわかるように、ハッピー全開のキャッチーな楽曲。浜崎あゆみの「Greatful days」やBoAの「気持ちはつたわる」などに携わったBOUNCEBACKが作詞・作曲、そしてアレンジを行なっている。

なお、テレビ東京系・朝の情報バラエティ番組『おはスタ』で放送された連続ミニドラマ『新曲「ハッピー☆彡」誕生の秘密』によると、本楽曲のレコーディング時に、彼女と怪しげなサイケデリック音楽ディレクター(!?)の“ジェイク島村”との間で一悶着あったとされている。ここでこのドラマの真偽に触れるつもりはないが、いずれにせよ、月島きらりのキャラクターにピッタリの、聴く者すべてをハッピーな気分にしてしまう曲に仕上がっているのは事実だ。

PVも同楽曲のイメージに合致した映像。月島きらりの元気でハツラツとして、キラキラしたアイドル全開になっている。前編で挙げた“若干濃い目の味付けヴォーカル”はこちらでも確認できるので、視覚的にも聴覚的にも楽しんでみてほしい。ちなみに、久住本人は、今回の映像の見どころについて、

「PVは小春が雲の上で歌ってるんですよ~。一番楽しかったのは、JUMP↑↑してる所です。トランポリン楽しかったナ~♥」

と語っている。

最後に、月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)の楽曲全般について注目すべきポイントを2つほど。まず、彼女の楽曲にはつんく♂が携わっておらず、シングルタイトル曲、カップリングともに様々な外部作家を起用している。これはハロー!プロジェクトのメンバーとしては異例といえるだろう。

また、シングルタイトル曲の歌詞には、必ず“キラリ”という言葉が入っているのもポイント。過去の「恋☆カナ」「バラライカ」の2作、そして今回の「ハッピー☆彡」を改めて確認してみるとともに、次回のシングルでは歌詞がどうなっているかを心待ちにしたいところだ。


…にしても、このカップリング曲「恋の魔法はハビビのビ!」のサビ終わり、

<早く早く お願い! アイしてコイしてスキして…なんちゃって ダーリン>

のフレーズ。高域での “早く” は “h” の音が不明瞭となり “ぁーやーくー♪” と、何だかきらりに甘えられているように聴こえる。これと最後の “ダーリン♪” という単語の連鎖は、それが偶然なのか意図的なのかは分かりかねるが、いわゆる “萌え” ポイントッ!!!


これもまた、彼女がアイドルの中のアイドルたる所以のひとつであることは間違いない(そしてもちろん、このフレーズだけ何度も繰り返し聴く価値があることは言うまでもない)。


■ 「ハッピー☆彡」のPV映像はこちら!
■ 「ハッピー☆彡」、「恋の魔法はハビビのビ!」の試聴はこちら!
■ 「ハッピー☆彡」のCD情報はこちらから!
この記事をツイート

この記事の関連情報