エヴァネッセンス、ギタリストとドラマーが脱退

twitterツイート
エヴァネッセンスのギタリスト、ジョン・ル・コンプとドラマーのロッキー・グレイが、バンドを脱退した。ル・コンプによると、彼はシンガーのエイミー・リーから電話で解雇されたという。

ル・コンプはこの無慈悲なエイミーの態度に怒り心頭なようだ。NME.COMによると、彼はMyspaceのブログにこう記したという。「エイミーから電話でクビを言い渡され、かなりムカついてる。このバンドには、誠実さってものが全くないよ。昨日の3時半ごろ、エイミーから携帯に電話がかかってきた。この電話は、俺をリスペクトする友人からのものじゃない。俺と家族を傷つける覚悟ができてる敵からのものだった。警告も相談もなしに、俺はクビになったんだ。正当な理由もなくな」

一方のエイミーは、にわかに騒がれ始めた解散説を否定すべく「エヴァネッセンスは生きてるし元気よ」との声明を発表した。「ジョンとロッキーは4年間エヴァネッセンスに在籍し、わたしたちはライヴなど素晴らしい時間を共にしました。しかし、彼らは別の道へ進むことを決め、私たちは別離することになりました」

ギタリストのベン・ムーディ('03年)、ベーシストのウィル・ボイド('06年)に続き、ル・コンプとグレイが脱退したことで、唯一のオリジナル・メンバーとなったエイミーは「エヴァネッセンスは、わたしが14のときから愛し育ててきたものです。わたしは、このプロジェクトを続けていくつもりですし、これまでと同じように戦っていくつもりです」

エイミーは、5月19日からスタートするツアーは、予定通り行なわれるとも続けている。

長年の友人であるル・コンプとグレイの2人は、'05年、フューチャー・リーダーズ・ザ・ワールドのシンガー、フィル・テイラーらと共にMachinaというサイド・プロジェクトをスタート。ツアーやアルバムのリリースを予定しているといわれている。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報