エッジの効いたロック・バンド、FoZZtoneデビュー!

ツイート
インディーズで根強い人気を集めているFoZZtone(フォズトーン)が、5月9日にミニ・アルバム『景色の都市』で、ついにメジャー・デビューした。

渡會将士(Vo&G)、竹尾典明(G&Cho)、菅野信昭(B&Cho)、越川慎介(Dr)の4人からなる彼らは、デビュー前からラジオやCS放送などの音楽番組で取り上げられるほど注目を集めているロック・バンドだ。渋谷・下北沢を中心にライヴ活動を行ないながら、大阪のラジオ局FM802の人気イベント<MINAMI WHEEL>や、大阪エキスポランドのカウントダウンイベントに出演するなどして、東京と大阪で着実に人気を集めてきた。インディーズ時代には、3枚のCDをリリースしている。

そんな彼らのデビュー作となる今作には、2004年に宅録のデモ音源がNHK-FM『ミュージックスクエア』でオンエアされ話題となった「Elevator」のほか、バンドのロック面を象徴するナンバー「春と鉛」など、全6曲が収録されている。アルバム購入者は、彼らのスペシャル・ライヴへの応募チャンスがあるので要チェックだ。

日本語ロックのモダンなスタイルに、ハードロック、R&B、ファンクなどのテイストを織り交ぜた彼らの音楽は、キャッチーだが一筋縄ではいかないエッジの効いた独特のサウンドを生み出している。情景が浮かぶようなリアルな描写の歌詞と、奇才ギタリストの激ロッキンなアプローチが実に魅力的なバンドだ。まずは、とにかく彼らの音を聴いてみてほしい。心を琴線を揺さぶられるはずだ。

☆「Elevator」PV視聴【期間限定】

☆「春と鉛」PV視聴【期間限定】

☆FoZZtoneコメント映像

◆リリース情報
デビュー・ミニアルバム『景色の都市』
TOCT-22281 ¥1,600(tax in)
2007年5月9日発売

【『景色の都市』購入者特典ライヴ】
『景色の都市』の帯裏に記載されているQRコードもしくはHPより応募した人の中から、抽選で7月9日東京・渋谷O-crest、もしくは、7月12日大阪・福島 LIVE SQUARE 2nd Lineのスペシャル・ライヴに招待される。応募締め切りは2007年6月18日。詳細はオフィシャル・サイトまで。

FoZZtone オフィシャル・サイト
http://www.amnis-inc.com/fozztone/
この記事をツイート

この記事の関連情報