豪華アーティスト集結! 邦画史上初の全世界サントラ発売!! 『ベクシル ─2077日本鎖国─』

ツイート
THE PRODIGY、UNDERWORLD、BASEMENT JAXX、DJ SHADOW、ASIAN DUB FOUNDATION、BOOM BOOM SATELLITES、そしてmink。ダンスミュージックシーンを牽引する錚々たる顔ぶれが、書き下ろしの楽曲やレア・トラックを提供したという映像作品をご存知だろうか?

8月に全国松竹系にてロードショー公開されるSFアクション超大作アニメ『ベクシル ─2077日本鎖国─』がそれ。

<21世紀初頭、世界市場を独占し、最先端を極めた日本のロボット技術は世界から危険視され、国際規制の対象となった。これに猛反発した日本は2067年に国際連合を脱退、遂にハイテクを駆使した完全なる鎖国を開始し、日本は厚いベールに包まれた。また、それから10年本当の日本を見た外国人は誰もいなかった。 2077年、米国殊部隊"SWORD"のベクシルが日本潜入に成功。そこで彼女がみたのは荒野と化した日本だった。いったい、日本に何が起きているのだろうか?>

ストーリーを読んだだけでもかなり興味をそそられる内容。監督は、大ヒット映画『ピンポン』の曽利文彦、さらに声優には、黒木メイサ、谷原章介、松雪泰子を起用と豪華! アニメといっても、“3Dライブアニメ”という最先端の映像表現が採用され、今まで成しえなかった、ライブ感あふれるキャラクターの動きを可能にしているという。

主題歌は、minkの「Together again」。本作品に感銘を受けた彼女が自ら作詞を担当した。さらに本楽曲は日本語版と英語版の2バージョンが制作されているという。

この楽曲と映画について、minkは次のようにコメントしている。


「私自身、凄くタイミングが良かったおかげで、今までにも何作かの映画の主題歌を歌うことができました。『映画』と聞いただけで、たくさんの方の協力と、たくさんの時間が費やされていると思います。それだけでも、様々な希望や夢が詰まっているはずです。そんな中、主題歌となると、その映画自体の方向性を左右しかねないぐらい、重要なポジションだと私は思っています。

今回の作品は、今まで私が経験した作品とは違い、日本を含め、世界53カ国で公開される映画の主題歌と聞いて正直驚きました。日本だけではなく、アメリカ、ヨーロッパの方々に、想いを届けなければならないというプレッシャーが無いと言えば嘘になります…。

今回、日本語と英語で主題歌を歌いますが、3Dライブアニメ映像と、音楽が上手くリンクし、誰が観ても、最高な仕上がりに出来るように頑張りたいと思います!

私も映画を観させていただいたのですが、その映像クオリティーの高さや、メッセージ性など、世界中の一人の多くの方に是非観て頂き、そして感じ取ってもらいたいと思える作品ですね。」


なお、文頭に挙げたアーティストたちがサウンド面で参加しているこの映画。もちろんサントラ盤の発売も決定している(リリースは8月8日予定)。さらに本サントラは、日本だけでなく全世界でも発売。邦画のサウンドトラックが大規模に世界発売されるのは史上初という。

音楽でも、映像でもかなり気になるこの作品。実際のシーンや、3月25日に東京国際アニメフェアで行なわれたスペシャルプレゼンテーション(主演の黒木メイサも登場)の様子などはまとめてフォトアルバムにしたので、こちらを観ながら公開を待とう。


■ 注目のフォトアルバムはこちら!
■ 『ベクシル ─2077日本鎖国─』公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス