クインシー・ジョーンズをも唸らせたR&Bシンガー、ついに日本デビュー!

ツイート
クインシー・ジョーンズをも唸らせ、ノラ・ジョーンズを見出したBLUE NOTEレコード社長、ブルース・ランドヴァル氏がライヴを見て即契約したという折り紙付きの実力派新人R&Bシンガー、ELISABETH WITHERS(エリザベス・ウィザース)が、5月16日についに日本デビューを果たす。

ファーギー「Big Girls Don't Cry」、リッキー・マーティン、アーロン・カーターなどのプロデュースで知られるトビー・ガッドをプロデューサーに迎えたデビュー・アルバム『エリザベス・ウィザース』。日本のラジオ局では既に注目を集めており、FMノースウェーブでは5月度MEGAプレイ、LOVE FMでは5~6月アルバム・レコメンドに選ばれている。

また、着うた(R)で配信中の1stリード曲「はじけるスウェット」が大フィーチャー。5月9日よりレコード会社直営♪「絶対!洋楽」「絶対!洋楽フル」NEW COMERコーナーで、5月11日よりレコード会社直営♪PCサイト「PICK UP ARTISTS」コーナーで特集がスタートしている。

■エリザベス・ウィザース公式サイト
http://st-co.jp/ew/ (PC・携帯)

2007年5月16日発売
エリザベス・ウィザース『エリザベス・ウィザース』
TOCP-70232
初回限定スペシャル・プライス 1980円(税込)
この記事をツイート

この記事の関連情報