フランツ・フェルディナンド、メールでコラボ

ツイート
フランツ・フェルディナンドとロンドン出身のヒップホップ・デュオ、ミッチェル・ブラザーズが、一緒に曲を作り始めたようだ。彼らの出会いもコラボの方法も、今の時代ならでは。

NME.COMによると、彼らはMyspaceで知り合い、メールを通じて曲のやり取りをしているらしい。ミッチェル・ブラザーズのほうからフランツ・フェルディナンドにコンタクトを取ったようだ。ミッチェル・ブラザーズの1人テディはこう話しているという。「何時間かして、アレックス(カプラノス/フランツのシンガー)から返事があった。、で、曲をメールで行き来させてる」

テディ、トニーの2人からなるミッチェル・ブラザーズは、ザ・ストリーツことマイク・スキナーのレーベルThe Beatsが契約した最初のアーティスト。銀行の窓口に並ぶストリーツのポケットにデモCDを忍び込ませたことがきっかけで、契約を交わしたとの逸話がある。ちなみに、ブラザーズと名乗ってはいるが、実際は従兄弟同士だ。

フランツ・フェルディナンドと彼らのコラボは、フランツの3rdアルバムに収録されるのではないかとみられている。UKヒップホップのアンダーグラウンド・シーンで活躍するアーティストとのコラボとは興味深い。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報