テレビ朝日系「タモリ倶楽部」の“輝け!日本キャンペーンソング大賞”を受賞したことがきっかけで、大ブレイクした「日本ブレイク工業 社歌」を覚えている人も多いだろう。横浜にある会社の社歌がオリコンにチャートインし、史上初の快挙で大きな話題になった。社歌がチャートに入るだけでも異色の出来事なのに、日本ブレイク工業という企業名に合わせて、楽曲がヘヴィメタル調だったということが、話題を呼んだ最大の原因であった。

そのヘヴィメタル社歌「日本ブレイク工業 社歌」が、なんとなんとパチスロになってしまったのだ。主人公はもちろん萬Z(量産型)=manzo。このヘヴィメタル社歌を作り、歌い、パフォーマンスするミュージシャンだ。

もともと萬Z(量産型)は、解体業者“日本ブレイク工業”に従事しており、社命で作り上げた社歌が大ブレイクすることにより、シンガーソングライターとして独り立ち。その後はさまざまなアーティストへの作品提供や、自分自身の作品もリリース。いまや押しも押されもしない大ヒットメーカーとなっている。最近では、アンガールズと組んだ『生協の白石さん「木漏れ日」』が記憶に新しい。

さて、そのパチスロであるが、次のようなストーリーになっている。
「西暦2015年に日本は再び高度成長期に入り、建築ラッシュに沸いていた。その影でずさんな手抜き工事で暴利を貪る建築業者がはびこり、欠陥建築株式会社3Kが世の中に多大な被害をもたらす。ここに立ち上がったのが萬Zを擁する“日本ブレイク工業”。悪の組織3Kとの戦いが始まる」

基本ステージはオフィスステージとトレーニングステージ。さらにパトロールステージなど、合わせて2+1のバリエーション。萬Zや先輩のダイヤモンド勝田が暴れまわる。そのほか女性キャラのナナ vs REIKAのプロレス対決や、ブレイクロボ vs 悪のロートルダム対決など、迫力ある見どころ満載ということだ。ぜひ街のパチスロ店で挑戦してみたい。

さて、その萬Zだが、なんと7/25にアルバムが発売されることが決定した。タイトルは『萬Z。Best』。これまで発表した曲に加えて、新曲も数曲収録されるとのことなので、ファンは待ち遠しいことだろう。

ともあれ、これからもその活躍から目が離せない萬Z(量産型)=manzo。近々にBARKSでは特集を予定しているのでお楽しみに!

■「日本ブレイク工業 社歌」PV
https://www.barks.jp/watch/?id=1000000638

■その他、悶絶の抱腹絶倒映像は、こちらより!
https://www.barks.jp/artist/?id=1000000042&m=musicvideo