「俺のギターは“ブラッキー”だ」と声高に主張したい人へ! 「エアギターPRO エレキギター」

ツイート
“バンドを組みたい!”と思っている人は、音楽好きが集まるBARKSのユーザーにも多いことだろう。“もうギターも買った。あとはバンドやってデビューして、5年後にはTAK MATSUMOTOとステージで共演…。華麗な俺の指さばきでオーディエンスは熱狂だな”と、息巻いている人も中にはいるはず。暖かくていい天気だしね。

はっきり言って、ギターはちょっとやそっとでは弾けるようにならない。初めて手にした日にアンプを通して出る音はメロディーではなく、雑音。いや、その雑音が2、3日続く程度ならいい。しかし実際はそうはいかない。どう頑張っても、半年くらいではスムーズに弾けるようにはならないだろう。

その結果、“デビューしたら、まず「BARKSをご覧の皆さん、こんにちは!」って言う練習しなきゃな” という、あなたのその高い志も希望も夢も忘却のかなたへと消え去り、やがて“挫折”という苦くて重い言葉とともに、ギターは押入れの奥深くにしまわれることになる(でもほら、安室ちゃんは<夢なんて見るもんじゃない 語るもんじゃない 叶えるものだから>と歌ってたし…)。

さて、そうならない方法をデジモノ担当者が提案しよう。これならば、誰でもギターを、まるでプロのギタリストのように弾けるようになる!

その方法は、エアギターだ。

エアギターならギターを手にしたばかりの君でも“フレーズを間違えたらどうしよう”とか“音が出なかったらどうしよう”という心配は必要ない。あとは“どう弾けば格好いいか”の研究を重ねるだけでいいのだ!

“エアギターって、弾いてないじゃん! そもそも音出てないじゃん!”ということに気づいたあなた。そんなあなたにピッタリの製品が発表された。タカラトミーの「エアギターPRO エレキギター」を紹介しよう。
この記事をツイート

この記事の関連情報