2002年のデビュー以来、ジャズディスク大賞や文化庁芸術祭優秀賞など、これまで数々のアワードに輝いた日本人女性トップ・ジャズ・ピアニスト、アキコ・グレース。天が二物を与えた才媛とも賞される彼女が、デビュー5周年となる今年に新たにチャレンジするニュー・プロジェクトがこのほど明らかにされた。

“Piano Mode(ピアノモード)”と題されたこのプロジェクトは、毎月新曲を録音し、毎月第2水曜日に配信、年間を通じて毎月連続で発表していくという、ジャズ界初の試みだ。PC配信、携帯配信とカスタマイズCD(Tsutaya東京ミッドタウン、池袋五番街、他5店舗)を軸に展開される。人気曲を集めてCD化も視野に入れられているそうだが、当面はデジタル配信が先行するという。 詳細は、コロムビアの公式サイト(http://columbia.jp/)へ。