大塚 愛のエッチな新曲は “お尻だらけの誘惑”

ツイート
大塚 愛はエッチだ。

これは紛れもない事実である。ファンも「黒毛和牛上塩タン焼680円」の頃には、すでにわかっていたはず。でも決して卑猥ではない。あっけらかんとしたエロさを持つのが大塚 愛であり、それが彼女の魅力でもある。 “エロかっこいい” 倖田來未や “エロかわいい” 後藤真希(いや、彼女の場合は “過激にセクシーすぎる” わけだが)と、BARKSではセクシー系アーティストに力を入れて取り上げてきたが、大塚 愛を言い表すなら “エロ開けっぴろげ”。シチュエーションでたとえるなら、たとえば街中で、女の子が「辛抱たまら~~ん!!」と、彼氏のお尻をいきなり撫で回すような、そんなじゃれ合いの中のエッチ要素が曲の端々から感じられる時がある。もっとも、どのくらいの人がこのシチュエーションに頷いてくれるかはわからないが(笑)。

そして、そんな感じの新曲も入っているのが、7月25日発売の「PEACH / HEART」。

両A面となっている今回のシングル、もちろん取り上げるのは「PEACH」だ。「さくらんぼ」や「SMILY」の流れを汲むゴキゲンな “大塚節” 全開の弾けるサウンドに、彼女が持つ独特の世界観の言葉が乗って、この夏の熱い日差しに焼かれた砂の匂いさえ漂ってくるような新曲。もちろん、作詞作曲は彼女自身。そして編曲の欄には彼女とIkomanが名前を連ねている。

単刀直入にいって、歌詞がヤバい。PEACH(桃)と愛のマーク(ハート)とお尻を、それぞれ言葉巧みに掛け合わせて成り立っている歌詞が、直接的に、そして間接的に絶妙なバランスで融合されている。というか…

<BEACH!! お尻だらけの誘惑>

とか

<BEACH!! お尻が欲しければあげるわ>

というフレーズが、なんとも開けっぴろげに歌われているので、エッチだけどぜんぜん猥褻ではない。これが大塚 愛の歌詞のすごいところ、まさに “愛のマジック” である。

詳細は実際に耳にして確かめてほしい。またその時には、ぜひとも歌詞カードは見ないことをオススメする。歌詞中の<飲みたい放題>が “揉みたい放題” に、<バイバイ>が “パイパイ” に聴こえたら、きっとあなたも “愛のマジック” にかかっているに違いない!

“私は大塚 愛のキュンとくる曲が聴きたいの!” というファンもいることだろう。両A面の「HEART」は、そんな生粋の愛ちんファンにピッタリの切な系ラヴ・ミドルポップ。間奏のエレピの音と<今すぐ会いたい>というフレーズのリフレインが、 “なんかちょっと…” な感じにさせる。

さらにカップリングには、名曲「恋愛写真」のリ・アレンジヴァージョン「恋愛写真 - 春 -」が収録されている。


■ 愛ちん若っっ!! 2003年の独占クリスマスコメントから始まる超貴重な映像アーカイブはこちら!
https://www.barks.jp/artist/?id=52015851&m=musicvideo

■ 「PEACH / HEART」のCD情報はこちら!
https://www.barks.jp/shop/?id=B000PMGT1C
この記事をツイート

この記事の関連情報