「ピートはドラッグを止める準備が出来ていない」by 母

ツイート
公式にはドラッグを止めたことになっているベイビー・シャンブルズのピート・ドハーティだが、彼の母親によると「まだ、止める準備はできていない」そうだ。息子を思う母ならではの厳しいご意見。彼女は、ピートはまだどん底を味わっていないという。

NME.COMによると、ピートの母親ジャクリーン・ドハーティはWorld Entertainment News Networkにこう話したという。「ピートはまだ、止める準備ができてないわ。再び立ち上がるためには、落ちるところまで落ちないと」

彼女が何を根拠にこう発言したのかは不明だが、グラストンベリー・フェスティヴァルでベイビー・シャンブルズのステージにジョインしたケイト・モスの鼻孔が白く輝いていたという報道もあり、このカップルとドラッグの関係はまだまだグレー・ソーン。

ピート関連ニュースとして、彼はグラストンベリーでイギー・ポップからお褒めの言葉を頂いたそうだ。彼はBBCにこう話している。「彼(イギー)に会ったとき“ミスター・ポップ、冗談じゃなく、あなたは素晴らしい作詞家だと思うよ”って言ったんだ。そしたら“そうだろ。お前の曲もいくつか聴いたよ。リバティーンズも聴いたけど、俺はベイビー・シャンブルズのほうが好きだな”って言われた」

ニュー・アルバムの制作が無事終了したといわれているベイビー・シャンブルズは、11月にこれまでで最大規模のUKアリーナ・ツアーを行なう。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報