仙台発! スーパー・ヴォーカリストバンド、カラーボトルデビュー

ツイート
仙台から熱いバンドがやってきた! その名もカラー・ボトル。竹森マサユキ(Vo)、穐本(アキモト)タイチ(Ba)、渡辺アキラ(Gt)、大川“Z”純司(Dr)の4人で構成された彼らは、2004年に仙台で結成。地元仙台を拠点に活動を行ない、その熱きロック魂を老若男女幅広く伝えているバンドだ。

そんな彼らが、6月27日にミニ・アルバム『彩色メモリー』で遂にメジャー・デビュー! インディーズ・シーンを沸かせた話題のスーパー・ヴォーカリストバンドが、いよいよ全国の音楽ファンへ熱き思いをぶちまける。

色彩に富んだサウンド、まっすぐな歌詞、迫力のヴォーカルが話題を呼んでいる彼らは、デビュー前にして、フジテレビ系『めざましテレビ』やNHK音楽番組『POP JAM』(現『MUSIC JAPAN』)に出演。また、<スペースシャワー列伝>、<MINAMI WHEEL>、<ミュージックシティ天神>といったイベントにも精力的に出演し、その存在感を知らしめてきた。

楽曲の勢いはさることながら、着飾らない言葉で綴られた素直な気持ちは、リスナーの心を揺さぶり、熱くさせる。そんな彼らのデビュー作は、悩んでいる心を軽くしてくれる「イェイ・イェイ・イェイ」、ジャズ調で大人の雰囲気の「ソルティードッグ」、男の妄想ラブソング「偶然」、ノリノリのロック・ナンバー「シンデレラ」など、バラエティに富んだ6曲に加え、インディーズ時代の代表曲「グッバイ・ボーイ」のライヴ音源を収録した全7曲入りとなっている。

彼らの良さを知ってもらうには、とにかく音を聴いてもらうのが一番! ということで、現在BARKSで公開している「イェイ・イェイ・イェイ」のPVを今すぐチェックしよう。7月にはレコ発ツアーのほか、関東近郊でジョイントツアーを行なうので、PVを見て気に入った人は、ぜひライヴへ足を運んでみて。

■「イェイ・イェイ・イェイ」PV視聴

■カラーボトル コメント映像


◆リリース情報
ミニ・アルバム『彩色メモリー』
MUCD-1165 ¥1,800(tax in)
2007年6月27日発売

カラーボトル オフィシャル・サイト
http://colorbottle.com/
この記事をツイート

この記事の関連情報