イギー、自分を演じる俳優に文句はないが…

ツイート
イギー・ポップの伝記映画で、『Lord Of The Rings』シリーズで知られるイライジャ・ウッドが彼を演じることが決まったと報道されたが、イギーはそれには不満はないようだ。しかしながら、映画制作そのものにまだGOサインを出していないと話している。

映画について問われた彼は、XFMにこう答えたそうだ。「映画を作ること、まだ合意さえしてないよ。プロデューサーは大口たたくし、早まったことするだろ。イライジャはすごくいい俳優だと思うけどな。ホビットを演じることができるなら、俺のことも演じられるだろうよ」

しかしこの発言、今年初めに報道された彼のコメントと微妙に違う。イギーは1月、自分自身が出演するつもりはないものの「(映画制作に対して)反対する気は全くない」と話していた。反対するつもりはないが、まだ正式な契約は交わしていないということだろうか?

ジョニー・キャッシュ(『Walk The Line』)やレイ・チャールズ(『Ray』)の映画が大ヒットしたことで、ハリウッドではミュージシャンの伝記映画制作がちょっとしたブームになっている。現在のところ、イギーの映画に関して正式な発表はなされておらず、撮影がスタートするとしてもまだ先のことになりそうだ。

またイギーは1月、イライジャ・ウッドに対して「よく知らない。1度、テレビで見たことがある」と話していた。この半年の間で、彼について調べたのかもしれない。

■イギー、自身の伝記映画に「出演するつもりはない」
https://www.barks.jp/news/?id=1000017307

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報