スラッシュ「禁煙法なんか関係ねー」

ツイート
今月初め、カーディフで開かれたコンサートのステージでタバコを吸い、禁煙法令を破ったといわれているヴェルヴェット・リヴォルヴァーのスラッシュ。公共の場での全面喫煙禁止という喫煙者には何ともツライこの法令だが、スラッシュは屈するつもりはないようだ。

彼はXFMにこう話している。「(カーディフの公演でタバコを吸ったことに対して)俺のとこには誰も来ないよ。誰も俺には何も言ってこない。(当局が調査するらしいということは)新聞で知ったんだ。ったく、“俺は、そんなこと知らなかったぜ!”って感じだ。7月1日からスタートするもんだとばかり思ってた」

確かに英国(イングランド)では、公共の場での喫煙を禁じる法令は7月1日から施行される。が、自治体が別のウェールズではひと足早く4月2日から有効となっていた。しかし、スラッシュにとっては例えそれを知っていたとしても同じことだったようだ。

「もし、知ってたとして、俺がショウの間中吸わないってか! 毎回(罰金の)50ポンド(約1万2,000円)かかるんんだろ。それならその分、(コンサート・)チケットを何枚か押し売りして稼げばいいさ(笑)」

しかし、吸った本人に対する罰金は50ポンドだが、それを止めなかった会場側には最高2,500ポンド(約60万円)の罰金が科せられるらしい…。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報