R.ミュージック、25年ぶりの新作の制作具合を語る

ツイート
ロキシー・ミュージックのブライアン・フェリーが、25年ぶりとなるバンドのニュー・アルバムについて語った。彼らがアルバムを発表するのは、'82年の『Avalon』以来となる。

レコーディングは昨年からスタートしているそうだ。フェリーはBillboard.comにこう話している。「去年、ちょっとレコーディングしたよ。そんなに多くはない……。まだ曲を書いてるよ。運が良ければ、来年もそうしたいね」

フェリー(Vo)、フィル・マンザネラ(G)、アンディ・マッケイ(サックス)の3人は'01年、バンドの30周年を記念しロキシー・ミュージックを再結成。ツアーを行なった。これが成功したことにより、新作を作ってみようという気になったという。「ツアーは大成功だったよ。僕たちみんな、楽しんだ。オーディエンスにとっても、素晴らしいものだったと思う。それで“僕たち、もっと出来るんじゃないか”って思ったんだ。そうであることを願ってるよ」

フェリーはこの春、ボブ・ディランの曲をカヴァーしたアルバム『Dyranesque』をリリース。秋まではそのツアーに忙しく、ロキシー・ミュージックのレコーディングに戻るのは来年になりそうだという。

新作にブライアン・イーノが参加するらしいとも噂されているが、まだ正式な発表はなされていない。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報