Dragon Ash、ツアー追加公演 in Zepp Tokyoレポート

ツイート
デビュー10周年の記念日となる今年の2月21日に、アルバム『INDEPENDIENTE』をリリースしたDragon Ash。ハードコア、オルタナティブ、ミクスチャー、ヒップホップ、ドラムンベースと作品をリリースするたびに新たなサウンドを取り入れ、変化を遂げてきた彼らの最新アルバムは、ラテン・グルーヴとロックの融合をさらに追求した、ラテン・ロックの完成形ともいえる作品となった。

そんな同作を引っさげて、今年の3月から全国ツアー<Dragon Ash Tour ~DEVELOP THE MUSIC~>を行なっていた彼ら。ここ数年、夏フェスやイベントで彼らのライヴを観ることはあったが、ワンマンライヴは久しく観ていなかったため、デビュー10周年を迎えた彼らのワンマンライヴを見るべく、6月28日にZepp Tokyoで行なわれた追加公演に足を運んだ。(ライヴの写真はこちら

オープニング・アクトのCUBE JUICEがエレクトリックなサウンドでオーディエンスを盛り上げた後、Dragon Ashがいよいよ登場。この日のセットリストは、新作『INDEPENDIENTE』からの楽曲を中心としつつも、過去に発表したアルバムからの楽曲も散りばめられ、Dragon Ashというバンドをじっくりと堪能できるライヴとなった。

サンバのリズムが心を躍らせる「Develop the music」でスタートしたライヴは、のっけからメンバーもオーディエンスも躍動感ある動きを見せる。ヴォーカルのKjは、歌いながらアコギを掻き鳴らし、間奏ではマイクスタンドの横に用意されたスネアを軽やかに叩くなど、大忙しだ。ホールでは1曲目からダイヴするファンもいて、オーディエンスも大忙し。

2曲目の「Stir」でさらにラテン色が強くなったところで、3曲目は「Just I'll Say」。アルバム『Viva La Revolution』が特に好きな筆者としては、この曲を生で聴けるだけでかなりテンションがあがってしまった。畳み掛けるように5曲目に「Dark cherries」をプレイ。オーディエンスの反応からして、どうやらこの選曲に、いつもよりテンションが上がっているのは、みんなも同じようだ。

「Palmas Rock」では、フィーチャリングのUZI-ONEがゲストで登場。そして「Luz del sol」ではケツメイシの大蔵が、「El Alma」では武田真治、「Loca Burnin'」では武田真治に加え、smorgasのアイニがゲストで参加するという豪華ぶり。UZI-ONE、大蔵、アイニは、持ち前のテンションとパフォーマンスでオーディエンスを煽り、ライヴを大いに盛り上げた。

「El Alma」では、武田が力強くセクシーなサックスの音色を聴かせ、ATSUSHIが燃え盛る炎のようなダンスでステージを情熱的に演出。武田に関してはサックスはもちろん、鍛え上げられた腕の筋肉美にも目を奪われた。

Dragon Ashのライヴは、MCがシンプルで少ないが、ファンとのコミュニケーションはライヴ中にちゃんととっている。それは「Fantasista」で、見ることができた。この曲が演奏されると、ホールでは波のようにダイヴが大量発生する。このときステージでは、Kjが歌いながら拳を前に突き出している。ダイヴしてステージ前まで転がってきたファンと、拳を突き合わせるためだ。Kjは転がってきたファン一人一人と拳を突き合わせ、健闘を称えるかのような最高の笑顔を見せていた。

そして、この日のアンコールでは、信じられないことに彼らのデビュー曲まで披露された。今の彼らからは想像できないほどのゴリゴリのロック・サウンドを響かせている姿に、Kj、IKÜZÖNE(Ba)、桜井誠(Dr)の3ピースバンドだった頃のDragon Ashを思い出した。デビューから10年が経ち、今ではダンサー2人を含む7人の大所帯となったが、3ピースバンドの頃から、彼らは才能溢れる音楽センスを見せていたように思う。

さらに、この日は「Hot Cake」まで演奏され、ファンにとっては涙ちょちょ切れのうれしいアンコールになったのではないか。ラストの「Viva la revolution」の演奏が終わり、メンバーがステージを去った後、オーディエンスからは、自然とこの日のライヴを称えるかのような拍手が沸いた。

ちなみに、淡々と安定したリズムを刻んでライヴを支えているベースのIKÜZÖNE氏は、この日もステージ去り際、穿いているズボンを下にずらし、キュッと上がったヒップと黒のTバックを拝ませてくれた。10年経ってもIKÜZÖNE氏の“Tバック見せ”は、まだまだご健在だ。

この日の公演後、Dragon Ashが9月に初のベスト・アルバムを発売することが発表された。このベスト・アルバムの収録曲は、リスナーからの投票結果とメンバーのセレクトによって決定する。現在オフィシャル・サイトでは、リスナーからの投票を受付中。投票の受付は、7月14日(土)まで。まだ投票していない人は、早めに投票しよう。

<Dragon Ash Tour ~DEVELOP THE MUSIC~>追加公演【フォト・アルバム】

Dragon Ash オフィシャル・サイト
http://www.dragonash.co.jp/

MOB SQUAD オフィシャル・サイト
http://www.mobsquad.jp/
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス