メタリカの演奏をカットしたBBC、ファンに謝罪

ツイート
BBCは、7月7日に開催された<Live Earth>ロンドン公演の生中継で、メタリカのパフォーマンスをフル・セットで放送しなかったことを謝罪した。BBCは基本的に、ロンドン公演に出演した全アーティストのパフォーマンスをフルで放送したが、メタリカの出番では最後の曲をカット、オーストラリアで行なわれたクラウデッド・ハウスの演奏に切り替えた。

ファンにとっては納得いかないこの編集、BBCのもとには400以上の苦情の声が寄せられたという。dotmusicによると、へヴィ・メタルに偏見を持っているのではないかと批判されたBBCは、以下のような謝罪の言葉を発表したそうだ。

「メタリカのパフォーマンスがフルで放送されなかったことで、視聴者から苦情を受けました。これは世界的なイベントで、我々はUK公演同様、別の場所で行なわれたコンサートもできる限りお見せしたいと考えていました」「ヘヴィ・メタル、そのほかどの音楽に対しても偏見はありません。バランスを取らなくてはならず、全ての人を喜ばすことは不可能でした。しかしながら、視聴者をガッカリさせてしまったことには謝罪します」

メタリカは<Live Earth>で、「Sad But True」「Nothing Else Matters」「Enter Sandman」をパフォーマンス。BBCの放送では「Sad But True」の最初の部分が漏れただけでなく、「Enter Sandman」が始まる前に画面はクラウデット・ハウスのパフォーマンスへと切り替えられた。

クラウデッド・ハウスの再結成パフォーマンスに興味を持つ視聴者もいただろう。しかし、2バンドの演奏が同時に行なわれていたのならまだ話はわかるが、クラウデッド・ハウスのパフォーマンスはあらかじめ録画されていたもの。セットが交換される空き時間に放送してもよかったはずだ。クラウデット・ハウスなど眼中にあるわけがないメタリカ・ファンは、突然の場面変更にあ然としてしまったことだろう。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報