TOWA TEI、DJ活動20年の集大成ライヴ!

ツイート
TOWA TEIがDJ活動を始めて20周年目となる節目の年、2007年。そのアニバーサリー・イヤーを記念して開催されていたDJツアー<TOWA TEI DJ 20th.ANNIVERSARY TOUR 2007>が、7月15日(日)恵比寿リキッドルームでファイナルを迎えた。

この日はファイナルを飾るにふさわしい、豪華なゲストを多数招きリキッドルームを沸かせた。出演は、TOWA TEIもリミックスワークで関わったスチャダラパー、立花ハジメと屋敷豪太を中心とするニューバンド、THE CHILL。そしてTOWA TEIがクリエイティヴ・ディレクターを務める新世代アーティスト、AYUSE KOZUE。また、ゲストDJとして☆TAKU TAKAHASHI(m-flo)、ハウス/クロスオーバー界のブライテスト・ホープ、DJ KAWASAKI。VJにはお馴染み、宇川直宏がなど、スペシャルなクリエイター、アーティストが参加した。

16時からスタートしたイベントは、豪華ゲストのDJ、パフォーマンスで1F、フロア(メインステージ)の熱気が上昇! 特に☆TAKUの緩急あるDJイング、スチャダラパーの往年の掛け合いが光る。22時過ぎにメイン・アクト、TOWA TEIが登場すると、それまでも散々熱気を振りまいていたフロアが最高潮に達した。

前半は、6月20日にリリースされた『MOTIVATION FIVE compiled by DJ TOWA TEI』から「Fire / Soularis」「Standing On The Way Of Control (Playgroup Remix) /Gossip 」など、ゆったりとしたハウス・チューンで会場を沸かせる。VJ:宇川直宏が作りあげる映像が、TOWA TEIのDJ世界にオーディエンスを引きずり込む。女性ダンサー3人組み(ゴールドフィンガー)が登場し、DJブースの隣に設置されたステージで、所狭しとセクシーなダンスを展開、オーディエンスのテンションをさらに煽る。ピークタイムに突入すると、一気にBPMを上げ、それに応えるかのようにフロアもヒートアップ。

そして最後にスペシャル・ゲストで野宮真貴(元ピチカート・ファイブ)が登場。彼の初ソロ名義でのアルバム『Future Listening!』から「Amai Seikatsu (La DouceVie)」を披露し、アニヴァーサリーなイベントは大盛況で終了した。

改めてそのスキルの高さ、20年常にトップに君臨する圧倒的な存在感を見せ付けたことは言うまでもない。プロデュース、リミックス、アートワーク等、様々なフィールドを縦横無尽に駆け巡る唯一無二のアーティストTOWA TEI! 今後の動きにも期待大!

TOWA TEIの今後の詳しい情報は下記オフィシャル・サイトをチェック!

■TOWA TEI オフィシャルサイト http://www.towatei.com/
■TOWA TEI myspace http://www.myspace.com/towatei
この記事をツイート

この記事の関連情報