三木道三へのアンサーを歌っているのはRSP

ツイート
“一生一緒にいてくれや♪”と、ゆったりとしたレゲエビートに乗せて、いとしの女性へ気持ちを綴った三木道三。かの大ヒット曲「Lifetime Respect」がオリコンシングルチャート第1位を獲得したのは、かれこれ6年前になる2001年7月2日付チャートだった。

そして、今。まさしく「Lifetime Respect」へのアンサーソングが、有線やラジオでオンエアされ、話題を振りまいている。この曲を歌うのは、RSP(アールエスピー)という関西在住の6人組ユニット。

VoのAi、RapのSakiを中心に男女各2名ずつのダンサーをバックに従えたRSPが歌うこの曲は、ずばり「Lifetime Respect -女編-」。三木道三の原曲の声をサンプリングし、それに応える形でのアンサーソングとなっている。愛を愛の告白と男の覚悟を歌った三木道三の「Lifetime Respect」と全くそのまま呼応するように、女性目線から、子供を産みたい思いや家庭を築く夢などが等身大の言葉でそのまま男性に投げかけられた、直球ソングとなっている。

男女表裏の関係となる三木道三とRSP、6月末からオンエアを開始した有線放送局にも問い合わせが殺到しており、有線から大ヒットを記録したSEAMOの「マタアイマショウ」、GReeeeNの「愛唄」に続く大ヒットが期待されるところだ。

ちなみに、RSPは、2006年12月「A Steet Story」でデビューしており、今作「Lifetime Respect -女編-」は、8月8日リリースの彼女達のセカンドシングルになる。これを機に、満を持しての全国的に活動を展開していくようだ。

■Lifetime Respect-女編- PV
https://www.barks.jp/watch/?id=1000019289

■Lifetime Respect-女編- 試聴
https://www.barks.jp/listen/?id=1000019290
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス