ジャスティン、NYにレストランをオープン

ツイート
ジャスティン・ティンバーレイクがニューヨークに新しいレストラン『Southern Hospitality』をオープンした。店名からも窺えるとおり、ジャスティンの故郷テネシー州メンフィスのバーベキュー料理がメインで、米国南部の家庭的な雰囲気が味わえる店らしい。

メニューには、スペア・リブや、カニとコーンのフリッター、バターミルク・ビスケットなど、ティンバーレイク家のオリジナル・レシピが数多く並び、ジャスティンの祖母による手作りデザートも供されるという。ちなみにジャスティン自身の好物は「グリーン・トマト&ポーク・バーベキュー」だとか。

18日夜に行なわれたグランド・オープニングには、ジャスティンの母親や祖父母のほか、元インシンク仲間のランス・バース、ジェイ・Z、俳優のセス・グリーンなどが集まり、恋人のジェシカ・ビールも駆けつけて、賑やかに開店を祝った。

■最新シングル「ラヴ・ストーンド|アイ・シンク・シー・ノウズ(アイ・シンク・シー・ノウズ(インタールード))」PV
https://www.barks.jp/watch/?id=1000019166


Eugene Fields
この記事をツイート

この記事の関連情報