トライセラ、10年分のROCKで踊り尽くせ!! ベスト盤リリース

twitterツイート
トライセラトップスが7/22、彼らのデビュー11年目に突入する記念すべき日に<DINOSAUR ROCK’N ROLL AFTER PARTY>と題したイベントを代官山のAIRで開催した。

このイベントは7/5にSHIBUYA AXで開催された彼らの恒例イベント<DINOSAUR ROCK’N ROLL>(ゲスト:B-DASH、BaseBallBear)のアフターパーティーで、彼らのライヴ以外にもメンバーの友人の西寺郷太(NONA REEVES)やハヤシムネマサ(NACANO/ex.PENPALS、REVERSLOW)、スクラッチ日本一のyoheiHIBIKIがゲストDJで参加。満員のフロアが“踊れるロック”で盛り上がった。

『DON'T STOP THE NOISE! The Best Singles & B-Sides 1997-2007』そして、7/25にはデビュー10周年を記念した2枚組ベストアルバム『DON'T STOP THE NOISE! The Best Singles & B-Sides 1997-2007』をリリース。メンバーが自ら選曲に関わり、この10年間を余すことなく詰め込んだ全31曲収録のコンプリート盤となっている。

このリリースを記念して、トライセラトップスのオフィシャルサイト(http://www.triceratops.net/)では、“あのアーティストが好きなトライセラ・ナンバー”というテーマでトライセラファンのアーティスト達からのコメントを公開中だ。

ちょっとだけ教えてしまうが、コメントを寄せたアーティストに、奥田民生や北川悠仁(ゆず)、松たか子、佐野元春らがいる。ほかにもバンドからソロシンガー、タレント、芸人に至るまで参加していて、トライセラの幅広い交友の広さが垣間見えるようだ。

今後、トライセラは<ROCK IN JAPAN FES>や<SUMMER SONIC>、<PIA MUSIC COMPLEX 2007>などこの夏は数多くのフェスに出演が決定している。

デビューから一貫してリフにこだわり、3ピースを通す11年目のこの夏、彼らの“踊れるROCK”が各地を席巻していく。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報