第二のGackt!? タイの王女も大ファンのV系プリンスが凱旋デビュー!

twitterツイート
いまタイで、マイケル・ジャクソン来タイ以来の大騒動を巻き起こしている日本人アーティストがいるという。彼の名前は、越中睦(こしなか まこと)、27歳。2003年に解散したヴィジュアル系バンド、Λucifer(リュシフェル)のヴォーカリストとして活躍した後、バンド解散後はソロ・アーティストとして音楽のほかに俳優としても活動してきた。その越中睦が、9月26日にアルバム『flair』で日本凱旋デビューする。

今回、日本でCDをリリースするに至った経緯は、日タイ修好120周年を迎えた今年、T-POPの盛り上がりと第三次ヴィジュアル系ブーム双方の火付け役として“第二のGackt”を探していたレコード会社が、越中にオファー。越中は、タイでのライヴでオーディエンスと接する中で、改めてアジア・日本を再認識し、良いタイミングだと思ったことがきっかけだったという。

彼のタイでの人気の理由は、日本で20万枚のアルバム・セールスを誇り、約3年4ヵ月間の活動で武道館公演を2回成功させた、Λucifer時代にさかのぼる。同バンドの解散直前の2003年に、タイ/バンコクのインパクトアリーナでの1万人を動員したライヴがきっかけ。インパクトアリーナといえば、嵐やタッキー&翼などのスターが、来タイ時に使用するホールで“タイの武道館”と呼ばれている場所だ。

Λuciferは、新條まゆの漫画「快感●フレーズ」を(●=スミベタのハートマーク)をテレビアニメ化した『KAIKANフレーズ』(テレビ東京系)から派生したバンドで、テレビアニメ放映時にはマレーシア、タイ、香港、台湾、シンガポール、中国、韓国で同時放映されていたことが人気の背景にあると見られている。

最近では、タイで大人気の芸能誌『J・SPY』の表紙を飾ったり、タイの有名飲料メーカー「ダッチ・ミル」のCMに出演。私設ファンクラブには5,000人の会員が所属しており、タイのプミポン国王の三女、チュラポーン王女も彼の大ファンだという。なんでも、自分で描いた自画像を皇室の額に入れて執事に持参させ、空港まで届けに行ったというエピソードもあり、“タイのヴィジュアル系プリンス”と絶賛されているらしい。

日本では4年ぶりとなるメジャー・レコード会社からのリリースに際し、越中は次のようにコメントしている。
「日本には、4年ぶりにアルバムを引っさげて帰ってきました。
今回のCDリリースを期に
また全国ツアー等精力的に活動していくので
新たに生まれ変わった越中睦をよろしくおねがいします!
それではライヴで会いましょう!」

7月27日には、ファンクラブ限定ライヴを原宿アストロホールで行ない、PVも撮影する。そして8月26日からは、デビュー・アルバム『flair』から「Secret Colors」「BLUE MOON」の2曲が、レーベルモバイルで先行配信される。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報