ちょっと前に渋谷で走っていたラッピング・バスを知っているだろうか。結構イケメンな男性の写真と “加藤和樹 誰?”という文言がデカデカと書かれていたバスだ。

その加藤和樹が、待望の新曲「instinctive love」を7月25日にリリースした。彼が本来持つ「挑戦的な面」や「ストイックな面」「不器用で優しい面」を絶妙なバランスでミクスチャーして生まれたサウンドに仕上がっており、その音に触れる人を魅了してしまうという今回のシングル。タイトル曲の「instinctive love」は、元JUDY AND MARYのTAKUYAが曲を提供。エッジの効いたギターサウンドとリズム、そして加藤和樹の挑発的な歌声がBadTuningで最高に心地いい!らしい!!

…で、誰?

ピアノバラードによる壮大なカップリング曲「melody」は、加藤和樹自身が作詞、さらにSOPHIAの都 啓一が曲とアレンジを行なっている。

誰だか知らないが、加藤和樹、要注目である。

なお、本記事では、“で、結局、加藤和樹って誰?”という問いについては一切答えない。どうしても気になる人、“ギターとリズムと彼の歌声のBadTuningってコピーは、正直どうなのよ?”をツッコミを入れたくなる人は、BARKSに彼からのコメントとスポット映像が掲載されているので、そちらでもろもろ確認してみてはいかがだろうか(加藤和樹の経歴は、BARKSのアーティストページに!)。

ちなみに余談だが、彼は2005年に、あの “各方面で大人気” となったミュージカル「テニスの王子様」にも出演していることを付け加えておく。


■ あの加藤和樹からのコメント映像はこちら!

■ ジャケットでは3人のカメラマンが彼の「ミュージシャン」「役者」「日常」を激写!

[関連記事] ステファニー、鮮烈デビュー!…といいつつ、誰?