2007年のUSEN問い合わせチャート1位「さくら」って誰の曲?

ツイート
USENの2007年年間問い合わせチャートの1位に、シンガー・ソングライター/高野健一の1stシングル「さくら」が決定した。

♪「さくら」PV
https://www.barks.jp/watch/?id=1000018202

「さくら」は今春から先行配信がスタートし、3月から5月までの3ヵ月連続で同チャートの月間1位を獲得。5月下旬のシングル発売以降も上位を維持し続け、GreeeeNの「愛唄」などを抑え年間トップに輝いた。

その後もリスナーの反響を受けて、リクエスト・チャートでも上位をキープし、日本有線大賞では並みいるビッグ・アーティストたちと並んで有線音楽優秀賞を受賞。先日テレビ放送された「発表!!第40回日本有線大賞」での歌唱後には、着うたのダウンロード数が番組終了後約3時間で約15,000件に上り、翌日のYahoo!検索ワード急上昇ランキングでは「高野健一」が5位に登場するなど、この半月ほどで注目度は大幅にアップした。

今年の音楽業界は、カヴァー・ブームや音楽配信の成長などが話題となったが、その一方でミリオンを達成した秋川雅史の「千の風になって」や、NHK紅白歌合戦への出場が決まったすぎもとまさとの「吾亦紅」など、身近な人の死を通じて家族の絆を見直すような歌にも注目が集まっている。

「さくら」もまた、“愛するものとの幸せな日々と突然の別れ”をストーリー仕立てで綴った歌詞が印象的な楽曲で、個人のブログやmixiなどのSNSには「我慢できなくなって娘を抱きしめました」といった内容の書き込みが急増したほど。特に、幼い子供を持つ親を中心に、さらに支持を伸ばしつつある。コアな音楽ファンのみならず、幅広い世代に親しまれる楽曲として、今後さらに注目を集めそうだ。

■オフィシャル・サイト http://www.takanokenichi.com/
この記事をツイート

この記事の関連情報