ちょっとエッチな(コスチュームの)女マリオ&ルイージが編集部に乱入して…

twitterツイート
ある日の夕方。BARKS編集部にちょっとエッチで肌の露出高めのコスチュームをまとった、しかも“ナイスバディー”な女マリオと女ルイージ(っぽい何か)が現れた。彼女たちは黙々と仕事をする編集部員を横目に、颯爽とポーズを決め、そして部屋を出て行った。

…といっても、別に疲れているBARKS編集部の男性編集者の目の保養のために、このエッチな姿のマリオ&ルイージが現れたわけでも、道に迷って偶然BARKS編集部にたどり着いたわけでもない。あるCDのキャンペーンのためにやってきたのだ。

─── その割には、彼女たち、編集部では一言も語らなかったけど…。


“8bitミュージックバンド”Picopico Sound Generation(以下、PSG)が、デビューアルバム『PSG ~Picopico Sound Generation~』をリリースした。まずは以下に全曲試聴を用意したので、そのサウンドを聴いてみてほしい。


[試聴] 魔法大漢 ブラズァ~☆ガイ(『超兄貴』のテーマソング)

[試聴] ハッピー☆マテリアル(『魔法先生ネギま!』主題歌)

[試聴] プラチナ(『カードキャプチャーさくら』OP曲)

[試聴] トップをねらえ!メドレー(『エヴァ』の庵野監督作品より)

[試聴] ETERNAL BLAZE(『魔法少女リリカルなのはA's』OP曲)

[試聴] 禁じられた遊び(『ローゼンメイデン』OP曲)

[試聴] 魔法大漢 ブラズァ~☆ガイ(uneffected version)

[試聴] ハッピー☆マテリアル(uneffected version)

[試聴] プラチナ(uneffected version)

[試聴] トップをねらえ!メドレー(uneffected version)

[試聴] ETERNAL BLAZE(uneffected version)

[試聴] 禁じられた遊び(uneffected version)

[試聴] POP STAR(uneffected version)




そう、ファミコンサウンド! PCエンジンでリリースされた“元祖バカゲー”こと『超兄貴』のテーマソングや、人気アニメ『魔法先生ネギま!』、『カードキャプターさくら』、『魔法少女リリカルなのはA's』、そして“ポスト安倍”と噂されるあの大臣も漫画を愛読していたらしい『ローゼンメイデン』のテーマソングが、全部昔懐かしのファミコンサウンドになっている!

“8bitミュージック”とは、ファミコンのゲームサウンドで聴かれるような、ビットレートの低い音のこと。つまり“8bitミュージックバンド”のPSGは、ゲームサウンドのような音で楽曲をアレンジ・演奏するバンドなのだ。

メンバーは、元・SEX MACHINEGUNSのベーシスト村井研次郎。そして、プロレス界の名物リングアナ、山本“ヤマモ”雅俊。PSGは彼らが中心となって結成された。ヴォーカルを務めているのは、声(マニアの聖地「まんだらけ」のコスプレ店員→コスプレ社員からこの世界に入ったという、ある意味、次世代 “成り上がり” コスプレアイドル)と、白川りさ(スタイル抜群で、イベントコンパニオンやモデルもこなせるヴォーカリストな腐女子。でも綺麗なんだな、これが)のふたり。冒頭に紹介したセクシー女マリオとルイージは、彼女たちだったのだ(ちなみにマリオが声、ルイージが白川りさ)。

というわけで、このアルバム『PSG』。アニメ好きはもちろん、ゲーム好きにも確実にクリティカル・ヒットする1枚だ。BARKSでは全曲試聴に加えて「魔法大漢 ブラズァ~☆ガイ」のPVも用意している。

横からは“裸エプロン”のようにも見えるエッチな衣装のマリオ&ルイージを画像を眺めながら、PVや試聴音源でピコピコサウンドを堪能してほしい。

ちなみに同アルバム、ヴォーカルを入れずに、よりファミコンっぽく仕上げた「uneffected version」も収録。加えて、Web上ではモノマネによる替え歌も大ブレイクした平井堅の「POP STAR」もなぜか収録されている。


■ 声ちゃんとりさりさの萌え&セクシーなフォトアルバム!
■ 「魔法大漢 ブラズァ~☆ガイ」PV映像!
■ 『PSG ~Picopico Sound Generation~』の全曲試聴はこちらからも!
■ CD情報はこちら!
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報