週刊エンタメ情報・今週の1行ニュース(2007.08.04)

ツイート
●クリスティーナ・アギレラは、Back To Basicsツアーのラストを飾るはずだったメルボルンとオークランドでの4公演を、体調不良のため突然キャンセルした。原因はウィルス性の風邪と発表され、妊娠に関しては未だに沈黙を守っている。

●一方、妊娠を公表したニコール・リッチーのインタヴューは、2日と3日に情報番組『Good Morning America』の中で放送され、同席したジョエル・マデンは、ニコールが逮捕された時点で一度は別れることも考えた、と率直に語った。しかし、「ニコールが最高の女性であることに変わりはない」と思い直したそうだ。

●そのニコールとパリス・ヒルトンのリアリティ番組『シンプル・ライフ』は、現在放送中の第5シーズンで打ち切りが決まった。

●しかし、パリスには次々に新たな仕事のオファーも。ヒット作『ソウ』のクリエイターが手がけるミュージカル・ホラー映画『Repo! The Genetic Opera』に出演するほか、ジュエリーブランドDamianiの広告モデルとして起用されたり、Antebi Footwear Groupと契約してオリジナルのシューズ・コレクションを発表することなどが決まっている。

●アッシャーは、先週末に予定されていたタメカ・フォスターとの挙式をドタキャンしたが、「中止」ではなく、あくまで「延期」と強調しており、破局したわけではないようだ。

●南仏サントロペで休暇中のディディは、アイスクリームショップに立ち寄った際、店を取り囲んだ大勢のパパラッチ全員に「どれでも好きなアイスを」と大盤振る舞いしたらしい。

●ケイト・モスと別れたピート・ドハーティは、元カノのナディーン・ラディとヨリを戻したとの噂。

●プリンスは、ツアーで滞在するロンドンのホテルのスイートルームを、紫ではなく黒で統一するように要求したらしい。カーテンやカーペット、家具のほか、黒いM&Mチョコレートのマシンまでリクエストしたとか。

●マレーシアのイスラム系学生団体から、ワイセツすぎるという理由で公演中止を求められたグウェン・ステファニーは、セクシーなダンスや衣装をトーンダウンすることに同意したようだ。コンサートは当局によってモニターされるという。

●リリー・アレンは、コートニー・ラヴについて「一晩一緒にいただけで、カートが自殺した理由がわかったわ。私も更生施設に入りたくなったもの」とMySpaceに記したらしい。

●ジェームズ・ブラントは、新恋人と言われるホリスティック・セラピストのミカ・シモンズと、スペイン・イビザ島のビーチで休暇を過ごしているのをパパラッチされた。

●マドンナ&ガイ・リッチー夫妻が、In Style誌によるベスト・ドレッサー・カップルの第1位に輝いた。2位と3位は、Vanty Fair誌のベスト・ドレッサーにも選ばれたアンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピットとヴィクトリア&デイヴィッド・ベッカム。以下は4位:グウェン・ステファニ&ギャヴィン・ロスデール、5位:デミ・ムーア&アシュトン・カッチャー、6位:ケイト・ウィンスレット&サム・メンデス、7位:サラ・ジェシカ・パーカー&マシュー・ブロデリック、8位:ケイティ・ホームズ&トム・クルーズ、10位:ケリー・ブルック&ビリー・ゼイン。

Eugene Fields
この記事をツイート

この記事の関連情報