『ビルボードNo.1ヒッツ』5枚同時発売決定

twitterツイート
今週末から東京、大阪、福岡と順次予定されているビルボードLIVEのオープン(8/18東京、8/26大阪、9/3福岡)を記念して、日本企画コンピレーション・アルバムがリリースされることが発表された。

『ビルボードNo.1ヒッツ』と名付けられた当コンピは、レコード会社5社(SONY、EMI、UNIVERSAL、BMG、WARNER)の共同企画として10月24日に5枚同時リリースされるもの。なんと、Billboard シングルチャート1位獲得曲ばかりが、5枚あわせてトータル90曲も集結。世界的にヒットした曲がきっちり収録されているコンピ自体はもはや珍しくはないものの、さすがにビルボード1位獲得楽曲のみのセレクションというのは、どでかいインパクトがある。

たとえば、「ソニー・ミュージック編」を見てみると下記のとおり。主に1970年~90年までのソニー・ミュージックのビルボード・シングル・チャート1位楽曲が18曲列挙されている。さすがに、貫禄の一枚だ。一家に一枚必携じゃない?

SICP-1533 2007.10.24発売 \2,500(税込)
<収録曲>
  1. サイモン&ガーファンクル/明日に架ける橋(1970/2/28~4/4 6週1位)
  2. スライ&ザ・ファミリー・ストーン/ファミリー・アフェア(1971/12/4 ~12/18 3週1位)
  3. アース・ウインド&ファイアー/シャイニング・スター(1975/5/24 1週1位)
  4. エモーションズ/ベスト・オブ・マイ・ラヴ(1977/8/20~9/10 5週1位)
  5. REOスピードワゴン/キープ・オン・ラヴィング・ユー(1981/3/21 1週1位)
  6. メン・アット・ワーク/ノックは夜中に(1982/10/30 1週1位)
  7. TOTO/アフリカ(1983/2/5 1週1位)
  8. ボニー・タイラー/愛のかげり(1983/10/1~10/22 4週1位)
  9. ケニー・ロギンス/フットルース(1984/3/31~4/14 3週1位)
  10. シンディ・ローパー/タイム・アフター・タイム(1984/6/9~6/16 2週1位)
  11. ワム!/ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ(1984/11/17~12/1 3週1位)
  12. ポール・ヤング/エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ(1985/7/27 1週1位)
  13. チープ・トリック/永遠の愛の炎(1988/7/9~7/16 2週1位)
  14. グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン/エニシング・フォー・ユー(1988/5/14~5/21 2週1位)
  15. バングルス/胸いっぱいの愛(1989/4/1 1週1位)
  16. マイケル・ボルトン/ウィズアウト・ユー(1990/1/23~2/3 3週1位)
  17. ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック/ステップ・バイ・ステップ(1990/6/30~7/14 3週1位)
  18. C+Cミュージック・ファクトリー/エヴリバディ・ダンス・ナウ!(1991/2/9~2/16 2週1位)
ビルボードNo.1ヒッツ-Sony Music Japan International-特設サイト
http://www.billboardnumberonehits.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス