ナチュラル ハイが申請した「鍵盤の日」が正式認定!

ツイート
白木裕子(Vo)と大嶽香子(Pf)によるユニット、ナチュラル ハイ。8月8日にニュー・シングル「I Got Rhythm/朝色/青のキセキ」をリリースした彼女たちが、そのリリース記念イベントを15日、渋谷J'z bratにて行なった。

彼女たちがいまやりたいことを余すことなく詰め込んだ、というこのイベントは、大嶽香子のソロとナチュラル ハイの2部で構成。会場のJ'z Bratは食事やお酒と一緒にライヴを楽しめるという空間のため、お客さんもリラックスしたムードでライヴを楽しんでいたという。

そして、本編が無事終了し、アンコールで再登場したメンバーの手には表彰状のようなものが。それは、先だって申請していた「鍵盤の日」が正式に日本記念日協会から認定されたという証書。

フルサイズのピアノの鍵盤の数が88鍵あるということから、ピアノユニットのナチュラル ハイは、毎年8月8日を意識し、その近辺にリリースやライヴ・イベントを積極的に行なってきた。そこで、8月8日を「鍵盤の日」に、と日本記念日協会に申請していたのだった。

正式な認定を受けて、メンバーは次のようなコメントを発表している。

ピアノの鍵盤数にちなんで私たちが名付けた記念日。
ナチュラルハイは結成から10年程経ちますが、変わらず貫き通しているのはピアノサウンド。
歌とピアノがどこまで近づけるか、絡み合えるかを追求し続けて、シングルには毎回必ず、表題曲を別アレンジしたピアノのインスト曲も収録しています。
そしてこの8月8日に9枚目のシングルをリリース。
今までも鍵盤の日に合わせてライブをしたり、ナチュラルハイのロゴマークに88の数字を用いたり、ピアノに拘って活動してきたかいがあり、この度晴れて正式に【鍵盤の日】が日本記念日協会に認定されました。
15日にはリリースしたばかりの新曲を引っさげワンマンライブ。一部では、ピアノの大嶽香子が和をテーマに作り出しているピアノのインスト曲を披露、二部でナチュラル ハイ、ピアノから紡ぎ出した渾身の力作を二部構成でお届けしました。
88鍵から響く無限の音を、自分たちの色に染めて、ピアノサウンドを増々極めていきたいと思います。 
             
ナチュラル ハイ 大嶽香子


■オフィシャル・サイト http://www.naturalhighweb.com
この記事をツイート

この記事の関連情報