無線LAN搭載携帯オーディオ! 「gigabeat T401」&囁かれる新iPod

ツイート
東芝の「gigabeat」の最新モデル「gigabeat T401」が発表された。今回のモデルでは、なんと無線LANを内蔵する。

東芝+無線LAN+携帯オーディオプレイヤーといえば、発売前に「iPodキラー」と騒がれ、今やマニアしか覚えていないであろうマイクロソフトの「Zone」の影がチラホラするが、それはさておき今回の「gigabeat T401」。802.11b/gの無線LANを内蔵し、Web上にあるポッドキャスト番組をパソコンを介さずにダウンロードできる。なお、動画のダウンロードには現状は対応していない(もちろんファームウェアのアップデートで未来に対応する可能性はある)。

OSには「Windows Mobile Software」を搭載。操作ボタンのひとつに刻印されているWindowsロゴが神々しい。また、音質にもこだわりをみせ、九州工業大学と共同開発した音質改善技術「新H2Cテクノロジー」を採用。MP3やWMAなど圧縮された音声で原音から省かれる高音域(実際は人間の耳にはほとんど聴こえない。ゆえに省かれるのだが)を補完し、自然な音質を再現する。

ボディーは、内部に軽くて強いマグネシウム合金のフレームを内蔵し、サイズは幅54.0mm、高さ85.6mmとほぼクレジットカードサイズ(どこかで聞いた話だ)。薄さは9.9mmで重さは約58gとなっている。搭載液晶は2.4型QVGA TFTカラー液晶。音楽だけでなく、動画も画像も楽しめる。ちなみに再生可能なファイルは音声がWMAとMP3、そしてWAV。ナップスターなどの定額制配信サービスにも対応している。動画はWAV形式で、画像はJPEGが表示可能。

内蔵メモリーは4Gバイトで、音声再生時で最大16時間の連続再生が行なえる。10月5日発売で、価格は直販サイトで29,800円の予定だ。

「gigabeat」の新モデルも出たし、後はあのiPodの動きが気になるところ。「丸っこい新iPod nanoが出る」とか「iPod Touchという名前のモデルが出る」など、ネット上ではさまざまな噂が飛び交っており、いずれにせよ来週開催される発表会に注目だ。


■ 詳細はプレスリリースを!

■ クレジットカードサイズ(?)のプレイヤー「ZEN」登場!
 ⇒ https://www.barks.jp/download/?id=1000033929

■ “リアル” サラウンドのヘッドフォンで戦場に死す!? 「VIBRAR」
 ⇒ https://www.barks.jp/download/?id=1000033648
この記事をツイート

この記事の関連情報