アンダーワールドとサントラの重鎮がコラボで書き下ろした映画音楽

ツイート
愛……それって何なんでしょうね?

そんな形のないもの、漠然としたもの、でも拠りどころにしてしまうもの。そんな男女の関係を“愛し合っているのに何故心が離れていくのか?”“真実の愛とは一体何なのか?”といったテーマで綴った映画が昨年アメリカ公開された『こわれゆく世界の中で』だったわけです(日本公開は07年)。

とはいえ、主人公ウィル(ジュード・ロウ)が対照的なふたりの女性(ジュリエット・ビノシュ、ロビン・ライト・ペン)の間で真実の愛を求めてもがくというストーリー。男性諸君にとっては羨ましいような……、いやいや、切ない恋物語なんです。

その切なさを盛り立てたのが、サウンドトラック界の重鎮である作曲家ガブリエル・ヤレドとUKクラブシーンをリードするアンダーワールド。この2アーティストが、ビートルズが使用していて有名となったイギリスのアビー・ロード・スタジオでセッションし、透明な旋律に彩られた16曲を生みました。

この映画音楽について、同映画監督のアンソニー・ミンゲラは「登場人物たちの行き交う感情の相互作用を後押しする『音楽における印象派』」が生まれたと大絶賛。サウンドトラック『ブレイキング・アンド・エンタリング』(アンダーワールド・アンド・ガブリエル・ヤレド)としてリリースされています。

この映画『こわれゆく世界の中で』のDVDが、9/19にリリースされます。真実の愛を問うのもOK、映画音楽に浸るのもOK。あなたなりの愛の答えを出してみませんか?

■『こわれゆく世界の中で』予告編
https://www.barks.jp/watch/?id=1000019701


■リリース情報
DVD『こわれゆく世界の中で』
9月19日(水)発売
¥3,990/税込(ブルーレイディスク同時発売/¥4,935/税込)
公式サイト:http://www.movies.co.jp/breakingandentering/
発売元:ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
(C)Buena Vista Home Entertainment, Inc.

■BARKSユーザにプレゼント
この『こわれゆく世界の中で』のDVDとプレスをセットで1名様に!!
応募はコチラから(2007年9月30日締め)
この記事をツイート

この記事の関連情報