連休の中日となった日曜日。「鳴り始めた恋のBELL」を9月12日にリリースした音楽ガッタスが、サンストリート亀戸にて初のイベント<「鳴り始めた恋のBELL」発売記念トークライブ>を開催した。会場には、買い物客やファンを中心に1000人近くが話題のユニットを観るために集まった。

ステージにメンバーが呼び込まれると、会場は歓声に沸く。本日欠席の石川梨華と武藤水華を除く8人は、キャプテンの吉澤ひとみを先頭にブルーのユニフォーム姿で颯爽とステージに登壇。

吉澤ひとみ:「今日は皆さんお集まりいただいてありがとうございます。ここ、サンストリートですか。私、実は来たことがありまして。略して“サンスト”。そうですよね、お買い物中のお母さん! 今日は音楽ガッタス、初のイベントなので、楽しんでいきたいと思います。よろしくおねがいしまーす。」

登場早々の吉澤の“ここにきたことがある”発言に会場がどよめく。また、里田まいは、

里田まい:「こんばんは、里田まいです! すっごいですねー。私、本当に、あの、ビックリしているんですけど。ここにいる方たちはもちろん、最後まで楽しんでいってもらいたいんですけど、普通に買い物にちらっときちゃった方は、買い物どころじゃなくなっちゃうんじゃないかと思うんですけど、ここをガッタス色に染めちゃいたいと思います。」

と、意気込み十分。そして、音楽ガッタスの活動でハロー!プロジェクト復帰となった紺野あさ美の挨拶で一番の大歓声が沸き起こる。

紺野あさ美:「皆さんこんばんは、紺野あさ美です! ガッタスに戻ってきて、そして新曲を出して、こういう形でイベントができるというのは久しぶりで、すごく嬉しく思っています。」


まず挨拶代わりにリリースされたばかりのデビュー曲「鳴り始めた恋のBELL」のPVをみんなで鑑賞することに。ところが、ここで、予想外の展開が起こる。PVが始まると、ファンは普段のライヴのように“うりゃほい!”などの手拍子とコールを展開。メンバーはその光景に圧倒される…と思いきや、ファンと一緒に手拍子などで盛り上がる。中でも一番食いついてきたのは、もちろん、里田まい(笑)。「ここで回る? あー“フワ! フワ!”きた。“梨華ちゃん!” ここ、梨華ちゃん(コール)ね。」 とファンの一挙手一投足に過敏に反応し、そして最後には、ファンと同じようにサビのところで一緒に回りながらの手拍子(俗に言う“ヲタ芸”)まで!

PV鑑賞が終わり、吉澤は「すごい新鮮じゃない? だってうちらさ、一緒に“うりゃほい”っていうことないもん」と驚きつつも笑顔がこぼれる。里田とともに「“うりゃほい”ともうひとつ、何て言ってるの? …ロマンス!?」と、客席から“ヲタ芸用語”のひとつ、“ロマンス”を教えられ、(コアな)ファン目線での盛り上がり方をすっかり楽しんでいたようだった。(⇒ 後編に続く


■ 「音楽ガッタスが初の握手会を開催!」フォトアルバムはこちら!
https://www.barks.jp/feature/?id=1000034300

■ 「鳴り始めた恋のBELL」CD情報はこちら!
https://www.barks.jp/cdreview/?id=2000449255