日本人初! 224曲リリースでGacktが世界進出!!

twitterツイート
Gackt(年齢非公表)がついに、欧米へ本格的な進出をすることがわかった。

YOSHIKI、SUGIZO、雅-miyavi-らとともに結成した新バンド「S.K.I.N.」を6月末に初お披露目したばかりの北米エリア(アメリカおよびカナダ)では、ビデオ・クリップ集DVD『THE GREATEST FILMOGRAPHY 1999-2006~RED~』『THE GREATEST FILMOGRAPHY 1999-2006~BLUE~』の2枚を、10月9日に同時リリースすることが決定。これは2006年8月に日本国内でリリースし、オリコン・チャート初登場1&2位を独占して飾った、記念すべき映像作品。この北米版をリリースするにあたり、英語字幕用にと、Gackt自ら収録曲の英詞を書き下ろした。さらにそれだけではなく、「日本語の美しさを感じてもらえたら」と、DVDのマルチアングル機能をフル活用し、再生中に日本語の歌詞を画面内に出現させることも可能にした。通常の字幕表示とは異なり、楽曲のイメージに合わせて、フォントや出現場所をすべて変えるというこだわりようだ。

そして翌週、ヨーロッパ諸国(イギリス、アイルランド、スコットランド、ノルウエー、スエーデン、フィンランド、デンマーク、ドイツ、オーストリア、スイス、フランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、イタリア、スペイン、ポーランド、ロシアの計18ヵ国)では、10月26日よりアルバム『DIABOLOS』を皮切りに、ライヴDVDを含む過去作品を順次リリースしていく。これまで、CDのリリースオファーはもちろんのこと、各国からコンサートの実現を要望する声も常に絶えず、日本で行なっているものと同じステージを実現させるためのスケジュール調整が、現在の最大の課題となっているという。

また、Gacktはすでにアジア地域では名実共にロックスターの地位を確立しており、CDやDVDもアジア地域の各国で発売中。中でも韓国では、2004年に「ベストアジアロックアーティスト賞」を日本人として初めて受賞したのを機に、翌2005年には、全曲韓国語でレコーディングし直したバラード・アルバム『Love Letter』をリリース(韓国国内限定発売は日本人初の試み)。BoA他の強豪を抑え、韓国国内年間セールス・ランキング(2005年・J-POP部門)1位を獲得するなど、日本を代表するアーティストとしてのポジションを確固たるものにした。そんな韓国では、2006年から2年連続してコンサート(総数約1万人の動員)を実施するなど、その熱狂ぶりは日本にも負けないほど。類まれなる努力家でもある彼は、今や中国語、韓国語を流暢に操り、40分にも及ぶMCを全て韓国語で話して直接コミュニケーションを取ったり、1曲を全て韓国語詞で歌うなど、待ちわびたファンに対して誠実に応えている。

こうしたリリース展開に加え、iTunes Music Storeでの楽曲配信が世界全22ヵ国で10月17日からスタートする(日本ではスタート済)。しかもカタログの全曲(224曲)を配信するのは日本人アーティストでは初であり、Gacktに対する関心の高さを証明している。これを含めると、世界36以上の国と地域での展開規模となる。100の国と地域で放送されているNHK大河ドラマ『風林火山』に出演を決めた理由も「世界の人が日本の歴史や文化にふれる機会でもあるから、上杉謙信の姿を通して“日本人とは”“日本とは”ということも伝えられたらと思っています」と語っていた通り、全世界に向けて“Gackt”が発信されていく計画は着々と進行している。

今回の世界進出にあたり、Gacktは次のようにコメントしている。

今回、このような形で全世界同時リリースできることを嬉しく思っている。これまでも世界各国から「Gacktのステージを見せてほしい」という声がたくさん僕のところに届いている。だからその要望に応えたいという気持ちは常に強くある。しかし、日本で披露しているライブと100%同じステージを実現させるというのは、ライブに対する考え方や文化の違う外国では非常に困難であり、リスクさえ伴う。よってほとんどのミュージシャンが、その簡易版や縮小版でしか観せられないというのが現実だ。そんな厳しい状況下でも僕は、一人の表現者として本物のステージにこだわり続けたいし、そこは絶対に譲れない。

世界へ自分の作品を届けることは、自身のナショナリズムを届けることでもある。「真の日本人として、アジア人として何ができるのか?」という、自分の人生に課したテーマの下、アジア各国を繋げる架け橋になることが自分の使命だと思っている。Gacktという名が世界の多くの人たちの心を結ぶキーワードになるために、これからもアーティスト活動に命をかけていくことに異存はない。


♪「RETURNER~闇の終焉~」PV視聴
https://www.barks.jp/watch/?id=1000018839
♪「野に咲く花のように」PV視聴
https://www.barks.jp/watch/?id=1000017331
♪「REDEMPTION」PV視聴
https://www.barks.jp/watch/?id=1000011473
♪「届カナイ愛ト知ッテイタノニ抑エキレズニ愛シ続ケタ・・・」PV視聴
https://www.barks.jp/watch/?id=1000006704

■オフィシャル・サイト http://gackt.com/
 
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報