英アルバム・チャート、ジェームス・ブラントがトップに

ツイート
今週の英シングル・チャートは、ショーン・キングストンの「Beautiful Girls」が3週連続でトップをキープした。MOBOアワーズで最優秀レゲエ・アクトを獲得した17歳、絶好調だ。ジャスティン・ティンバーレイクとティンバランドをフィーチャーした50セントの「Ayo Technology」は5位から2位へランク・アップしたものの、1位獲得は阻まれた。3位は、先週2位だったプレイン・ホワイト・ティーズの「Hy There Delilah」がランク・ダウンした。

今週、最高位にチャート・インしたのは、間もなく2ndアルバム『Shotter's Nation』をリリースするベイビー・シャンブルズ。新作からの1stシングル「Delivery」が6位にランク・インした。そのほか、フー・ファイターズの「The Pretender」が先週の21位から8位へ急上昇、トップ10入りを果たしている。

アルバム・チャートは、ジェームス・ブラントの2ndアルバム『All The Lost Souls』が初登場でトップに輝いた。このため先週、50セントとのチャート・バトルに勝ち1位を獲得したばかりのカニエ・ウェストの『Graduation』は早くも2位に後退。3位には、MOBOアワーズで最優秀女性アクトに輝いたエイミー・ワインハウスの『Back To Black』が4位から浮上し、2位だった50セントの『Curtis』は4位にランク・ダウンした。

今週はブラントのほか、シェフィールド出身のインディ・バンド、レヴァランド・アンド・ザ・メイカーズのデビュー・アルバム『The State Of Things』(5位)、ダイアー・ストレイツのフロントマン、マーク・ノップラーの5枚目のソロ・アルバム『Kill To Get Crimson』(9位)が初登場。また故パヴァロッティの『The Ultimate Collection』が17位から8位へ、フィル・コリンズの『Hits』が109位から10位へ急上昇している。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報