MISIA 初の海外公演、台湾ライヴ大成功

twitterツイート
台湾が揺れた。湧いた。日本が誇る歌姫が海を越えて感動を巻き起こした。

MISIA 初となる海外ライヴ<MISIA ASIA LIVE 2007“以心伝心”In Taipei>が9 /29 (土)台湾で行われた。チケットはソールドアウト、今回の会場である新荘体育館に集まった観客数は7,000人。MISIAをデビュー以来待ち続けた現地のファンの熱狂は圧巻だった。

オープニングは「INTO THE LIGHT」。MISIAを目の前にした会場は、リズムの1発目で早くもMISIAワールドに引きずり込まれていく。立て続けに放たれるHIP HOP MEDLEYに会場は大きく揺れる。新曲「以心伝心」が鳴り始めると、ステージに火柱が立ちのぼり、観客の興奮が会場全体に広がっていく。どんな国のどこにいても彼女の想いは伝わっていく。まさに“以心伝心”。

そしてライブ中盤、7月にリリースされたシングルのカップリング曲「そばにいて…」は台湾でもCMソングとしてオンエアされていたこともあり、会場全体に観客とMISIAの日本語の合唱が鳴り響く。MISIA の国際的な人気が証明された瞬間だった。続いて「太陽のマライカ」を披露する前には中国語の手紙を読む場面も! MCでもMISIAは気持ちをこめた中国語で観客に話しかけ、歌だけではなく彼女の人柄までもが、台湾のファンの心を包み込んでいく。本編ラスト「LUV PARADE」ではMISIAと観客全員でジャンプ!日本では恒例のシーンが初の台湾ライヴでも実現!

アンコールでは台湾でも大ヒットした「Everything」でスタート。イントロが流れ始めると、会場は割れんばかりの大歓声。すべてのファンがMISIAの歌に酔い、7,000人が日本語で大合唱! その後「陽のあたる場所」「つつみ込むように…」を披露、あまりの熱狂的な盛り上がりからダブルアンコール。ラスト「SONG FOR YOU」のあとは誰もが、笑顔でコンサートの余韻を楽しんでいた。

はじめての国際舞台にもかかわらず大成功に終わった台湾でのコンサートは、来年デビュー10周年を迎える節目として、MISIAがこれまで培ってきたすべて、まさに集大成を見せつけるものとなった。

<MISIA ASIA LIVE 2007 “以心伝心” IN TAIPEI>
2007年9月29日(土) 台湾:台北県立新荘体育館

SET LIST
1: INTO THE LIGHT
HIP HOP MEDLEY
2: 以心伝心(新曲)
3: BACK BLOCKS
4: Escape
5: Don't stop music!
6: めくばせのブルース
7: FUTURE FUNK
8: GROOVIN'
9: SUNNY DAY
10: ANY LOVE
11: そばにいて…
12: 太陽のマライカ
13: It's just love
14: TYO
15: MELODY 16: Fly away
17: LUV PARADE

<ENCORE>
E1: Everything
E2: 陽のあたる場所
E3: つつみ込むように…
E4: SONG FOR YOU
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報