スターズ、待望の新作完成

ツイート
▲『タイトル セット・ユアセルフ・オン・ファイア 』
北米のミュージック・シーンに燦然と輝く星、スターズ。独自のドリーミーな世界観でここ日本でも多くのファンを獲得している彼らだが、前作『セット・ユアセルフ・オン・ファイア』はアメリカでブレイク、カナダではゴールド・ディスクをも獲得した作品。その後長~いワールド・ツアーを経て更に一回り大きくなった彼らは、自信と気迫に満ちた、最高傑作に相応しい新作アルバム『イン・アワ・ベッドルーム・アフター・ザ・ウォー』とともに戻ってきた。

「愛は戦い。けれども戦いの後、ベッドルームが傷ついた心を癒し、夜が明ければ美しい朝が訪れる。」…そんなテーマを軸に、男女の心模様がトーキル・キャンベルのドラマティックな男声ヴォーカルとエイミー・ミランの愛らしい女声ヴォーカルによって高らかに綴られている。

▲『イン・アワ・ベッドルーム・アフター・ザ・ウォー』
「人生はハード。だからこそ、3分半のポップ・ミュージックにありったけの美を詰め込みたい」と語る彼らだけあって、1曲1曲がまるで小説や短編映画のようだ。またクリアーな音作り、丁寧なアレンジ、繊細な楽器使いなど、ポップ・ミュージックのお手本とも言うべきサウンド作りの妙にも驚嘆させられる。

NMEにおいては「彼らの愛らしい失恋を歌ったせつない曲という点において、スターズは他のカナダ出身のバンドの追随を許さない。『イン・アワ・ベッドルーム・アフター・ザ・ウォー』で、スターズはロマンスのテキスト・ブックを、容易く、そして嬉々として書き上げた」と大絶賛を受け、8/10点という高得点を獲得している。

日本盤はDVDが付属する豪華仕様。このDVDには貴重なスターズのライヴ・ドキュメンタリー映像が収録されており、ファンならば見逃すことのできない作品となっている。
この記事をツイート

この記事の関連情報