Rie fuの新曲が2008年1月公開映画の主題歌に!

ツイート
ロンドンの芸術大学をこの夏に卒業し、帰国後本格的な音楽活動をスタートさせたRie fuの新曲「Home」が、2008年正月第2弾公開(新宿ガーデンシネマ他全国)の映画『子猫の涙』の主題歌に決定した。

この映画は、1968年のメキシコオリンピックで日本ボクシング界最後のメダリストとなった伝説の男・森岡栄治の実話を映画化したもの。彼の波乱の人生に巻き込まれた娘・治子の目線でつづった、切なさと愛に包まれた真実の物語。

そうした映画のラスト・シーンを、大切な家族や恋人への愛を歌ったRie fuのミディアム・ナンバー「Home」が感動的に演出するという。

Rie fuは10月24日にシングル「あなたがここにいる理由」(テレビ東京系アニメ『D.Gray-man』エンディング・テーマ)、11月21日には1年8ヵ月ぶりとなる待望の3rdアルバム『Tobira Album』をリリースする。昨年公開された映画『ハイジ』テーマソング「Until I Say」をはじめ、シングル4曲を含む全13曲を収録予定。


■オフィシャル・サイト http://www.Riefu.com


■映画『子猫の涙』
監督・脚本:森岡利行
出演:武田真治、藤本七海、広末涼子、山崎邦正、赤井英和他。
日本映画エンジェル大賞受賞作品・第20回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」公式出品作品。
http://www.koneko-namida.com
この記事をツイート

この記事の関連情報